OS X Yosemiteの起動USBメモリを作ってクリーンインストールする方法

公開日: : 最終更新日:2014/11/01 Mac

20141021-215400.jpg

@akio0911です。ついに出ましたね、OS X Yosemite!僕は今回、起動用のUSBメモリを作ってクリーンインストールしたので、その方法を紹介したいと思います!

(筆者はこの方法で無事インストールに成功しましたが、実施する際は自己責任でお願い致します)

    

OS X Yosemite App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

    

Macのバックアップを取る

20141022-105556.jpg

まずはしっかりとバックアップを取ってください。僕はTime Machineを使って、2台の外付けハードディスクで2重にバックアップを取りました。

    

OS X Yosemiteをダウンロードする

20141022-104959.jpg

Mac App Storeを開いて、OS X Yosemiteをクリックします。

    

20141022-105135.jpg

左上の「無料」ボタンをクリックして、ダウンロードを開始します。

    

20141021-222648.jpg

ダウンロードが終わるまでしばらく待ちます。

    

20141022-100200.jpg

OS X Yosemiteのダウンロードが完了しました。

    

起動用のUSBメモリを作成する

20141022-100318.jpg

ここでUSBメモリの登場です。容量は8GB以上のものを用意しましょう。僕は以下の製品を購入して使用しました。

SDカードスロットがあるMacの場合は、SDカードでもOKみたいです。

    

20141022-100559.jpg

USBメモリをMacのUSBポートに挿します。

    

20141022-100943.jpg

ディスクユーティリティを使って、USBメモリを消去します。フォーマットは「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選びました。この時、他のドライブのデータを消してしまわないように十分注意してください!

    

20141022-101257.jpg

ターミナルを起動し、以下のコマンドを入力してください。

“Done.” と表示されたら、起動USBメモリの完成です。

    

20141022-101815.jpg

FinderでUSBメモリを開き、上の画面写真のようになっていれば成功です。

    

再起動してディスクユーティリティでデータを消去する

20141022-102438.jpg

Macの電源を切り、キーボードのoptionキーを押しながら再び電源を入れます。

    

20141022-103939.jpg

このような画面が表示されるので、USBメモリを選択します。

    

20141022-104108.jpg

ディスクユーティリティを選択します。

    

20141022-104229.jpg

起動ディスクを選択して内容を消去します。この時、他のドライブの内容を消してしまわないように十分注意してください。

    

20141022-104427.jpg

左上の赤丸をクリックして、ディスクユーティリティを終了します。

    

OS X Yosemiteをインストールする

20141022-104605.jpg

「OS Xをインストール」を選択します。

    

20141022-104711.jpg

後は表示されるメッセージに従ってインストールを進めてみてください!

    

@akio0911はこう思った。

OSはクリーンインストールすると動作が安定するみたいです。まっさらな状態からOS X Yosemiteをインストールしてみたい方はぜひ参考にしてみてください!

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑