【Xcode 6】対応する開き括弧と閉じ括弧を調べる方法

公開日: : iOSアプリ開発

20150109-223509.jpg

Xcodeで、対応する開き括弧と閉じ括弧のを調べる簡単な方法があったので紹介したいと思います!

ちなみにSwiftでもObjective-Cでも使えます!

    

開き括弧か閉じ括弧をダブルクリックするだけ!

その方法とは、なんと開き括弧か閉じ括弧をダブルクリックするだけです。

    

20150109-223846.jpg

クラス定義・メソッド定義・制御文などの大カッコの対応や、

    

20150109-224049.jpg

引数リストなどの丸カッコの対応、

    

20150109-224358.jpg

そして配列の角カッコの対応までチェックできます。

    

@akio0911はこう思った。

配列と辞書が入れ子になっているデータとか、ブロック・クロージャーなどを引数に渡すコードなどで括弧の対応をチェックしたい時に便利かもしれません。

    

ちなみにXcodeの操作方法については、以下の本が詳しかったです。「Xcode 5」となっていますが、現在のXcode 6でもほぼそのまま通用します。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

init(frame:), init(coder:), awakeFromNib, prepareForInterfaceBuilder が呼ばれる条件をまとめてみた

カスタムViewを作った際に呼ばれる初期化系メソッドの条件や順

【WWDC2018】iOSエンジニア的に気になる新機能・新APIまとめ

こんにちは、@akio0911です。 先日開催されたWW

【Swift】Codableで後からキーを追加した場合の挙動

こんにちは、@akio0911です。 SwiftのCod

→もっと見る

PAGE TOP ↑