描いたベクターグラフィックをSwift/Objective-Cコードに変換できる「Paint Code 2」

公開日: : iPhoneアプリ開発

20150409-103620.jpg

引用元 : PaintCode

ベクターグラフィックを描き、それを描画するためのSwift/Objective-Cコードを生成できる「Paint Code 2」を紹介したいと思います。

高価な部類のアプリだと思いますが、こちらのページから体験版をダウンロードすることもできます。

ちなみに公式Webサイトでは99.99ドル(2015/04/09現在)となっています。

PaintCode 2 App
カテゴリ: 開発ツール
価格: ¥11,800

    

絵を描いて自動的に描画コード生成!

20150409-105507.jpg

普通のベクターグラフィックツールのように絵を描いていくだけで、それを描画するためのSwift/Objective-Cコードが自動で生成できます。

普通に手で描画コードを作るのに比べると圧倒的に楽です!

    

20150409-110245.jpg

2つの図形をUnionで結合させてみたら、きちんと1つのベジェパスで描画するコードが生成されました。

    

20150409-111530.jpg

PaintCode 2で生成したコードを、カスタムビューのdrawRectメソッドに貼り付けることで、同じ見た目の描画を行うことができました。

    

描画コードを構造的にまとめるための機能も充実

20150409-110521.jpg

後は、デザインをパラメーターで変更できる「Variables & Expressions」という機能があったり、

    

20150409-110726.jpg

色をバラバラに作るのではなく、「色Aは色Bを暗くしたバージョン」といったルールを使って複数の色を構成できる「Dynamic colors」という機能が搭載されています。

    

@akio0911はこう思った。

Xcodeで描画コードを書いて、シミュレーターで実行して見た目を確認して・・・という作業を繰り返すのに比べて圧倒的に楽ですね!

「Variables & Expressions」や「Dynamic colors」などの機能も、うまく活用すれば描画コードの作成時間を大幅に短縮することができそうです。

PaintCode 2 App
カテゴリ: 開発ツール
価格: ¥11,800

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑