【書籍】初心者にオススメな本!「これからはじめる Apple Watchアプリ開発入門」

公開日: : 最終更新日:2015/07/24 iPhoneアプリ開発

20150522-105524.jpg

Apple Watchは買いましたか?使ってますか?アプリを作ってみたくはないですか?

というわけで、今回は初心者にオススメな本「これからはじめる Apple Watchアプリ開発入門」を紹介したいと思います。

ちなみにKindle版のみとなっていますが、iPhone・Android・iPad・パソコンなどで読むことができます!

スポンサード リンク

SwiftやXcodeに関しては解説されていない

まず前提として、この本ではSwiftやXcodeの使い方については解説されていません。ですので、これらをまだ使ったことがない方は先に「Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書 【iOS 8&Xcode 6対応】」などを読んでおくといいです。

    

Apple Watchアプリの基礎から解説

実はApple WatchアプリはiPhoneアプリに内蔵する形で開発していくんですが、そこら辺の構造的な話から始まり、「グランス」「ページ型UI」「強くタップ」「iPhoneアプリとのデータやり取り」など、Apple Watchアプリ開発の基礎から解説されています。

以下、本書で解説されているインターフェース要素のリストです。

  • WKInterfaceLabel(ラベル)
  • WKInterfaceImage(イメージ)
  • WKInterfaceButton(ボタン)
  • WKInterfaceSwitch(スイッチ)
  • WKInterfaceSlider(スライダー)
  • WKInterfaceTable(テーブル)
  • WKInterfaceMap(マップ)
  • WKInterfaceDate(日時)
  • WKInterfaceTimer(タイマー)
  • WKInterfaceGroup(グループ)
  • WKInterfaceSeparator(セパレータ)

Apple Watchアプリ開発で必要となるクラスや知識は少ないので、本書を読めば俯瞰的にはほぼ網羅できると思います。細かい部分についてはその都度リファレンスを読んでいくなどしましょう。

    

豊富なサンプルコード

20150522-111812.jpg

本書の後半では「ページ遷移」「地図の表示」「リストの表示」「iPhoneアプリとの連携」「グランス」「通知のアクションボタン対応」など、サンプルをガンガン作っていく内容となっています。

これらをひと通りやってみれば、Apple Watchアプリを実際に作る時のイメージが湧いてくると思います。

以下、本書に載っている8つのサンプルアプリのリストです。

  • Buttonをタップすると、Labelの文字が変わるアプリ
  • 横フリックでページを切り替えるアプリ
  • ボタンを押すと、次の画面に移動するアプリ(push型)
  • ボタンをタップすると、次の画面に移動してマップを表示するアプリ
  • リストを表示するアプリ
  • ボタンをタップすると、iPhoneアプリの表示も一緒に変わるアプリ
  • iPhoneアプリの値を、グランスで表示する
  • OKとCancelのアクションボタンがあり、タップするとWatchAppを起動して、OKとCancelのどちらを選択したか表示する

    

@akio0911はこう思った。

Apple Watchはまだ発売されたばかりですし、開発に必要となる知識も少ないので、アイディア勝負だと思います!

本書を読んでApple Watchアプリ開発にぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事の最後に目次も載せておきますね。

    

目次

第1章 WatchKitってなに?
  Apple Watchは、iPhoneと一緒に使う
  Apple Watchアプリの3種類の表示画面
  インターフェースの要素
第2章 AppleWatchアプリの作り方
  アプリ作りの基本
  アプリのテスト方法
  AppleWatchアプリを作ってみよう
第3章 【作例その1】WatchApp:Buttonをタップすると、Labelの文字が変わるアプリ
第4章 【作例その2】WatchApp:横フリックでページを切り替えるアプリ
第5章 【作例その3】WatchApp:ボタンを押すと、次の画面に移動するアプリ(push型)
第6章 【作例その4】WatchApp:ボタンをタップすると、次の画面に移動してマップを表示するアプリ
第7章 【作例その5】WatchApp:リストを表示するアプリ
第8章 【作例その6】WatchApp:ボタンをタップすると、iPhoneアプリの表示も一緒に変わるアプリ
第9章 【作例その7】Glance:ラベルを表示する
第10章 【作例その8】Notification:OKとCancelのアクションボタンがあり、タップするとWatchAppを起動

引用元 : これからはじめる Apple Watchアプリ開発入門 | マイナビブックス

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

I20160925-163452.jpg

タブバーアイコン非選択時の色を変更する方法【iOS 10】

UITabBarControllerで、タブバーアイコン非選択時の色を変更する方法を紹介します!

記事を読む

I20150924-010943.jpg

Swift 2.0で追加されたOptionSetTypeがなかなか便利

Swift 2.0で追加されたOptionSetTypeプロトコルがなかなか便利なので紹介し

記事を読む

I20160129-115948.jpg

【対処法】Swift 2(iOS 9)ではUITextFieldのtextがString?になっている

Swift 1(iOS 8)時代において、UITextFieldのtextプロパティは va

記事を読む

I20160212-000722.jpg

Swiftにおけるセレクタ(Selector)について調べてみた

NSTimerなどを使う際、引数に「Selector」という型があるのですが、これがSwiftで

記事を読む

20160804-193842.jpg

【Xcode 7】Storyboardで複数の制約をまとめて追加する方法

Xcode 7のStoryboardで、複数の制約をまとめて追加する方法について解説します!

記事を読む

I20160128-101452.jpg

【解決】Playground execution terminated because the process stopped unexpectedlyが出た時の対処法

Xcodeのプレイグラウンドで「Playground execution terminated

記事を読む

20150106-142403.jpg

Auto Layoutをコードで記述してビューを等間隔に並べる【Swift】

Auto Layoutをコードで記述して、ビューを等間隔に並べる方法について紹介します。ちなみに

記事を読む

I20151107-111928.jpg

Swift 2で要求バージョンの指定・実行環境バージョンの確認を行う(#availableと@available)

Swift 2で追加された#available, @availableの使い方についてメモしてお

記事を読む

I20160125-104438.jpg

iPhoneアプリの開発に必要なものをまとめてみた

僕はアプリ開発講座を開催していますが、その関係もあって「iPhoneアプリを開発するには、ど

記事を読む

I20160102-131507.jpg

Swift 2の文法が分かるオススメ本「詳解 Swift 改訂版」

Swift文法書の定番とも言える、荻原 剛志さんの「詳解 Swift」。 Swiftの文法をキ

記事を読む

【HomeKit】家の照明をSiriで制御できるようにしてみた

Apple製品と家電を連携するシステム「HomeKit(ホーム

【メンズネイル】新宿区大久保のサロンでターコイズとピンクのメタルネイルにしてもらった

2016年10月22日、いつもお世話になっているネイルサロン「

[iOS][Swift]スタックトレース(コールスタック)を表示する2つの方法

iOSアプリ開発で、スタックトレース(コールスタック)を表

【使い方】iOS 10のSiriで出来る事299個をまとめてみた

そろそろiOS 11がリリースされそうな雰囲気ではありますが、iO

【メンズネイル】新宿区大久保のサロンでハーレイ・クインがテーマのネイルにしてもらった

2016年9月27日、いつもお世話になっている「Total b

→もっと見る

PAGE TOP ↑