ピクトチェック(PictCheck)で、Apple Watchにおける表示項目を選べるようになりました!

公開日: : Apple Watch

20150712-202730.jpg

7月1日にピクトチェック(PictCheck)を1.5.0にアップデートし、Apple Watch側での表示アイテムを選べるようになりました!

ピクトチェック(PictCheck) – 写真で作れるチェックリストアプリ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥240

    

ピクトチェック(PictCheck)とは?

ピクトチェックは、写真を使ったチェックリストを作れるiPhoneアプリです。詳しくはこちらの記事をご覧ください!

iPhoneでの買い物メモには写真チェックリスト「PictCheck」が便利!

    

チェック項目画面で画面を強く押す!

20150712-203408.jpg

チェック項目画面で画面を強く押すことで、項目の表示方法(未チェック・チェック済・すべて)を選べるようになります!

    

@akio0911はこう思った。

今回搭載したこの機能によって、Apple Watchを使って物事をチェックしていくのが楽になると思います。ぜひお試しください!

ピクトチェック(PictCheck) – 写真で作れるチェックリストアプリ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥240

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

init(frame:), init(coder:), awakeFromNib, prepareForInterfaceBuilder が呼ばれる条件をまとめてみた

カスタムViewを作った際に呼ばれる初期化系メソッドの条件や順

【WWDC2018】iOSエンジニア的に気になる新機能・新APIまとめ

こんにちは、@akio0911です。 先日開催されたWW

【Swift】Codableで後からキーを追加した場合の挙動

こんにちは、@akio0911です。 SwiftのCod

→もっと見る

PAGE TOP ↑