Swift 2.0で追加されたOptionSetTypeがなかなか便利

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 iPhoneアプリ開発

20150924-010943.jpg

Swift 2.0で追加されたOptionSetTypeプロトコルがなかなか便利なので紹介したいと思います!

    

スポンサード リンク

Swift 1.2までの記述方法

例えば、SpriteKitのカテゴリビットマスクや衝突テストビットマスクなどを設定する場合、Swift 1.2までは以下のように書くことができました。

let redBallCategory  : UInt32 = 0x1 << 0
let blueBallCategory : UInt32 = 0x1 << 1
let wallCategory     : UInt32 = 0x1 << 2

ballNode.physicsBody?.categoryBitMask = redBallCategory
ballNode.physicsBody?.contactTestBitMask = blueBallCategory | wallCategory

典型的なビットマスクの使い方ですね。

    

あるいは以下のようにstructを使って意味的にまとめて書くこともできました。

struct Category {
    static let RedBall  : UInt32 = 0x1 << 0
    static let BlueBall : UInt32 = 0x1 << 1
    static let Wall     : UInt32 = 0x1 << 2
}

ballNode.physicsBody?.categoryBitMask = Category.RedBall
ballNode.physicsBody?.contactTestBitMask = Category.BlueBall | Category.Wall

    

Swift 2.0のOptionSetTypeを使う

Swift 2.0で追加されたOptionSetTypeを使うと、以下のように記述できます。

struct Category : OptionSetType {
    let rawValue : UInt32

    static let RedBall  = Category(rawValue: 0x1 << 0)
    static let BlueBall = Category(rawValue: 0x1 << 1)
    static let Wall     = Category(rawValue: 0x1 << 2)
}

ballNode.physicsBody?.categoryBitMask = Category.RedBall.rawValue
ballNode.physicsBody?.contactTestBitMask = Category([.BlueBall, .Wall]).rawValue

このケースだと、「structを使うのに比べて、書くのが面倒になってない?」とも思えますが、

    

こんな感じで複数を含むグループを手軽に作れたりします。

struct Category : OptionSetType {
    let rawValue : UInt32
    static let RedBall  = Category(rawValue: 0x1 << 0)
    static let BlueBall = Category(rawValue: 0x1 << 1)
    static let Wall     = Category(rawValue: 0x1 << 2)
        
    static let Balls    = Category([RedBall, BlueBall])
}

ちなみに上記の

Category([RedBall, BlueBall])

は、SetAlgebraTypeプロトコルで用意されている

init< S : SequenceType where S.Generator.Element == Element>(_ sequence: S)

というイニシャライザを使っているみたいです。OptionSetTypeプロトコルはSetAlgebraTypeプロトコルに適合しています。

    

また、2つを合成したグループを動的に作成できたり、

var r1 : Category = Category.Balls.union(Category.Wall)

    

特定の要素を含んでいるかどうかをチェックできるメソッドcontainsが使えたり、

if r1.contains(Category.RedBall) {
    // do something
}

    

特定の要素を追加・削除できるremove/insertのようなメソッドを使えます。

r1.remove(Category.RedBall)
r1.insert(Category.RedBall)

    

詳しくは以下のリファレンスをチェックしてみてください(OptionSetTypeプロトコルは、SetAlgebraTypeプロトコルに適合しています)。

    

@akio0911はこう思った。

SetAlgebraTypeプロトコルのメソッド群が強力なので、うまく使えばコードをスッキリとさせることができそうです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

20140916-130550

Swiftの列挙型、switch文、網羅性チェックが素晴らしい!

アップルの新プログラミング言語「Swift」をちょっとずついじってるんですが、列挙型とswitch文

記事を読む

I20160505-011515.jpg

iOS 9以降で使えるReadable Content Guideを試してみた

iOS 9から追加されたReadable Content Guide(readableConte

記事を読む

I20160212-000722.jpg

Swiftにおけるセレクタ(Selector)について調べてみた

NSTimerなどを使う際、引数に「Selector」という型があるのですが、これがSwiftで

記事を読む

20140724-103334.jpg

iPhoneアプリ開発にオススメの本10選(2014年7月版)

@akio0911です。2013年12月に「レベル・目的別!iPhoneアプリ開発おすすめ本

記事を読む

I20160125-104438.jpg

iPhoneアプリの開発に必要なものをまとめてみた

僕はアプリ開発講座を開催していますが、その関係もあって「iPhoneアプリを開発するには、ど

記事を読む

I20160918-133158.jpg

StoryboardでChild View Controllerにデータを渡す方法(Xcode 8 & Swift 3)

Storyboardで、Child View Controllerにデータを渡す方法を紹介します

記事を読む

I20151030-214417.jpg

【開発本】SpriteKitの入門書籍「iPhoneのゲームアプリをつくろう!」

SwiftとSpriteKitでiPhoneゲームアプリを開発するための入門書「iPhone

記事を読む

20160423-124300.jpg

【RxSwift】Hot変換オペレータの1つであるshareReplayを使ってみる

最近、RxSwiftについて勉強中です。 今回は、Hot変換オペレータの1つであるshareR

記事を読む

I20150909-225806.jpg

Functional Programming in Swiftを読むために、すごいH本を読み終えた感想

「Functional Programming in Swift」という本がありまして、

記事を読む

I20150709-234536.jpg

Swiftの文法をキッチリ学ぶのにオススメな本「詳解Swift」

解説が細かすぎるのでプログラミング未経験者や初心者にはオススメできませんが、Objective

記事を読む

[iOS][Swift]スタックトレース(コールスタック)を表示する2つの方法

iOSアプリ開発で、スタックトレース(コールスタック)を表

【使い方】iOS 10のSiriで出来る事299個をまとめてみた

そろそろiOS 11がリリースされそうな雰囲気ではありますが、iO

【メンズネイル】 ハーレイ・クインがテーマのネイルにしてもらった

2016年9月27日、いつもお世話になっている「Total b

[iOS][Swift]指定したディレクトリにあるファイルの一覧を取得する

iOSで、指定したディレクトリにあるファイルの一覧を取得する方

Apple Watch Series 2が日々の生活で手放せない件

今年の1月2日にApple Watch Series 2 - 42

→もっと見る

PAGE TOP ↑