【Mac】El Capitanでファイルをゴミ箱に入れないで削除できるようになりました

公開日: : Mac

20151001-141216.jpg

Macでの「ファイル削除」=「ゴミ箱に入れる」でしたが、OS X El Capitanではファイルをゴミ箱にいれないで直接削除できるようになりました!その方法を紹介したいと思います。

    

方法その1 : ファイルを選択して、Option + Command + delete

20151001-141516.jpg

まずは1つ目の方法。削除したいファイルを選択し、キーボードのOption + Command + deleteを押します。

ショートカットキーを覚えられれば、この方法が一番手っ取り早いかも。

    

方法その2 : ファイルを選択し、ファイルメニューでOptionキーを押しながら「すぐに削除」をクリック

20151001-142720.jpg

先ほどのショートカットキーを覚えられない場合は、こちらの方法がオススメです。

    

@akio0911はこう思った。

ネットからダウンロードしたサイズの大きなファイルなど、再入手が可能なファイルはゴミ箱に入れずにこの方法で直接削除してしまうと良いかもです。

    

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑