【Swift 2】switch内にてguardでbreakする

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 iPhoneアプリ開発

20151201-120520.jpg

Swift 2のguard内ではreturnしないと文法エラーとなりますが、実はswitch内ではbreakでもOKです。

    

switch内のguardでbreak

実際にはこんな感じ。

let n = getSomething()

switch n {
case 100...200:
    let a = calcSomething(n)

    guard a == 200 else {
        break
    }

    doSomething(n)
case 200...300:
    doSomething(n)
case 300...400:
    doSomething(n)
default:
    print("default")
}

caseの中において特定のケースで処理を打ち切りたいという場合に使えそうです。

    

continue, throw, fatalError()なども使える

returnやbreakだけでなく、continue, throw, fatalError()などの@noreturnなメソッドも使えます。

guard let a = aa else {
    continue
}
guard let a = aa else {
    fatalError("invalid data")
}

    

@akio0911はこう思った。

guardをうまく使ってEarly Exitさせると、見通しの良いコードが書けます。積極的に使っていきたいところです。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑