【対処法】Swift 2(iOS 9)ではUITextFieldのtextがString?になっている

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 iPhoneアプリ開発

20160129-115948.jpg

Swift 1(iOS 8)時代において、UITextFieldのtextプロパティは

var text: String!

だったのですが、Swift 2(iOS 9)で型が変更されて

var text: String?

となりました。これによってコードを修正しなければならない場合があるので、解説したいと思います。

    

スポンサード リンク

String型の定数・変数などに代入する場合

Swift 1(iOS 8)

textプロパティの型はString!なので、そのまま代入していました。

let text : String = textField.text

    

Swift 2(iOS 9)

先ほどのコードをそのまま使ってしまうと、

let text : String = textField.text

以下のようなエラーが出てしまいます。

value of optional type ‘String?’ not unwrapped; did you mean to use ‘!’ or ‘?’?

textプロパティの型はString?だから、String型の定数や変数にそのまま代入できません。

以下のようなコードを書いて対応しましょう。

    

!を使ってForced Unwrapping(強制的アンラップ)する

let text : String = textField.text!

    

代入先の定数・変数の型をString?に揃える

let text : String? = textField.text

    

if let を使う

if let text : String = textField.text {
    // textを使って何らかの処理を行う
}

    

?? を使って、textプロパティがnilの時には “”(空文字)を代入する

let text : String = textField.text ?? ""

    

textプロパティの中身を数値に変換したい場合

まず注意点として、Swift 2ではtoInt()が使えなくなっています

Swift 2でtoIntが使えない!unavailableエラーが出た時の対処方法

    

Swift 1(iOS 8)

toInt()を使ってInt型の数値に変換していました。

let num : Int? = textField.text.toInt()

ただし、toInt()での変換は失敗する場合があり(”Hello”などの文字列を数値に変換しようとした場合など)、その変換結果はIntではなくInt?なので、if letなどを使って適切に処理する必要があります。

if let num : Int = textField.text.toInt() {
    // 変換成功。numを使って処理を行う
}else{
    // 変換失敗。
}

    

Swift 2(iOS 9)

textプロパティがString?型であり、toInt()も使えなくなっているので、かわりにInt()イニシャライザーを使って適切に処理しなければなりません。

    

2つのif letで場合分けする

if let text : String = textField.text {
    // textがnilではなかった場合

    if let num : Int = Int(text) {
        // 数値に変換できた場合
    }else{
        // 数値に変換できなかった場合
    }
}else{
    // textがnilだった場合
}

    

1つのif letで場合分けする

if let text : String = textField.text, num = Int(text) {
    // textがnilではなくて、textをInt型の数値に変換できた場合
}else{
    // textがnilか、textをInt型の数値に変換できなかった場合
}

    

textがnilの場合は””(空文字)、Intに変換できなかった場合は0扱いにする

let text : String = textField.text ?? ""
let num : Int = Int(text) ?? 0

    

上記の例を1行にまとめる

let num : Int = Int(textField.text ?? )

    

flatMapを使って変換する(ただしnumはInt?)

let num : Int? = textField.text.flatMap{ Int($0) }

    

@akio0911はこう思った。

Swift 2・Xcode 7・iOS 9に移行して、つまづきやすいポイントのうちの1つが、今回紹介したUITextFieldのtextプロパティの扱いかなあと思います。

オプショナル型(String?・Int?)やif letなどについては以下の本に詳しく載ってます!

    

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

I20160126-141427.jpg

Swift 2でtoIntが使えない!unavailableエラーが出た時の対処方法

Swift 2でtoInt()を使うと、 'toInt()' is unavailable:

記事を読む

20141210-164612.jpg

【Swift】Generated Header内にSwiftクラスの定義が記述されない場合の確認事項【Xcode6】

Swiftで書いたクラスをObjective-Cで使う際には、「Generated Header

記事を読む

20160804-193842.jpg

【Xcode 7】Storyboardで複数の制約をまとめて追加する方法

Xcode 7のStoryboardで、複数の制約をまとめて追加する方法について解説します!

記事を読む

I20160505-011515.jpg

iOS 9以降で使えるReadable Content Guideを試してみた

iOS 9から追加されたReadable Content Guide(readableConte

記事を読む

20160309-131202.jpg

ゆるい入門書では物足りない人向けの濃い内容!「本気ではじめるiPhoneアプリ作り」

ヤフー株式会社のiOSエンジニアである西 磨翁(にし まお)さんより、「本気ではじめるiPhon

記事を読む

20160416-142928.jpg

Swift 2.2で可能になったタプルの比較を試してみる

Swift 2.2でタプルの比較が行えるようになったので、色々と試してみました。   

記事を読む

I20150721-164252.jpg

【書籍】iPhoneアプリ開発の初心者にオススメの本「詳細! Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート」

     Swift 1.1、Xcode 6.1、iOS 8.1に対応している書籍「詳

記事を読む

20141222-120336.jpg

【Swift】PlaygroundでUIImageに画像を読み込む方法

SwiftのPlayground内にて、UIImageに画像ファイルを読み込む方法を紹介しま

記事を読む

I20150909-225806.jpg

Functional Programming in Swiftを読むために、すごいH本を読み終えた感想

「Functional Programming in Swift」という本がありまして、

記事を読む

エディタのショートカット・Auto Layout・ブレークポイントに関する詳しい解説も!「Xcode5徹底解説」

著者の@es_kumagaiさんより献本御礼。iOSアプリ開発に用いるツール「Xcode 5」の

記事を読む

PAGE TOP ↑