【対処法】Swift 2(iOS 9)ではUITextFieldのtextがString?になっている

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 iPhoneアプリ開発

20160129-115948.jpg

Swift 1(iOS 8)時代において、UITextFieldのtextプロパティは

var text: String!

だったのですが、Swift 2(iOS 9)で型が変更されて

var text: String?

となりました。これによってコードを修正しなければならない場合があるので、解説したいと思います。

    

スポンサード リンク

String型の定数・変数などに代入する場合

Swift 1(iOS 8)

textプロパティの型はString!なので、そのまま代入していました。

let text : String = textField.text

    

Swift 2(iOS 9)

先ほどのコードをそのまま使ってしまうと、

let text : String = textField.text

以下のようなエラーが出てしまいます。

value of optional type ‘String?’ not unwrapped; did you mean to use ‘!’ or ‘?’?

textプロパティの型はString?だから、String型の定数や変数にそのまま代入できません。

以下のようなコードを書いて対応しましょう。

    

!を使ってForced Unwrapping(強制的アンラップ)する

let text : String = textField.text!

    

代入先の定数・変数の型をString?に揃える

let text : String? = textField.text

    

if let を使う

if let text : String = textField.text {
    // textを使って何らかの処理を行う
}

    

?? を使って、textプロパティがnilの時には “”(空文字)を代入する

let text : String = textField.text ?? ""

    

textプロパティの中身を数値に変換したい場合

まず注意点として、Swift 2ではtoInt()が使えなくなっています

Swift 2でtoIntが使えない!unavailableエラーが出た時の対処方法

    

Swift 1(iOS 8)

toInt()を使ってInt型の数値に変換していました。

let num : Int? = textField.text.toInt()

ただし、toInt()での変換は失敗する場合があり(”Hello”などの文字列を数値に変換しようとした場合など)、その変換結果はIntではなくInt?なので、if letなどを使って適切に処理する必要があります。

if let num : Int = textField.text.toInt() {
    // 変換成功。numを使って処理を行う
}else{
    // 変換失敗。
}

    

Swift 2(iOS 9)

textプロパティがString?型であり、toInt()も使えなくなっているので、かわりにInt()イニシャライザーを使って適切に処理しなければなりません。

    

2つのif letで場合分けする

if let text : String = textField.text {
    // textがnilではなかった場合

    if let num : Int = Int(text) {
        // 数値に変換できた場合
    }else{
        // 数値に変換できなかった場合
    }
}else{
    // textがnilだった場合
}

    

1つのif letで場合分けする

if let text : String = textField.text, num = Int(text) {
    // textがnilではなくて、textをInt型の数値に変換できた場合
}else{
    // textがnilか、textをInt型の数値に変換できなかった場合
}

    

textがnilの場合は””(空文字)、Intに変換できなかった場合は0扱いにする

let text : String = textField.text ?? ""
let num : Int = Int(text) ?? 0

    

上記の例を1行にまとめる

let num : Int = Int(textField.text ?? )

    

flatMapを使って変換する(ただしnumはInt?)

let num : Int? = textField.text.flatMap{ Int($0) }

    

@akio0911はこう思った。

Swift 2・Xcode 7・iOS 9に移行して、つまづきやすいポイントのうちの1つが、今回紹介したUITextFieldのtextプロパティの扱いかなあと思います。

オプショナル型(String?・Int?)やif letなどについては以下の本に詳しく載ってます!

    

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

I20151030-214417.jpg

【開発本】SpriteKitの入門書籍「iPhoneのゲームアプリをつくろう!」

SwiftとSpriteKitでiPhoneゲームアプリを開発するための入門書「iPhone

記事を読む

20150108-113233.jpg

【Swift】コードをコンパクトに記述できるオプショナルチェーン(optional chaining)の性質と活用例

最近はSwiftでコーディングすることが多い@akio0911です。今日はSwiftでコード

記事を読む

iPhoneアプリ開発の初心者にオススメな本はこれだ!iOS 7とXcode 5に対応!

僕が講師をしている初心者向けのiPhoneアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」でも参考書とし

記事を読む

20141119-114354.jpg

【iOSアプリ開発】隙間時間で読んで学ぶのにオススメな入門本「はじめてのSwiftプログラミング」

「はじめてのSwiftプログラミング」という入門書が手頃なサイズで、持ち歩いてスキマ時間で読んで

記事を読む

20150109-223509.jpg

【Xcode 6】対応する開き括弧と閉じ括弧を調べる方法

Xcodeで、対応する開き括弧と閉じ括弧のを調べる簡単な方法があったので紹介したいと思います!

記事を読む

I20160417-171311.jpg

Xcodeのブレークポイントで変数の中身を通知センターに表示してみる

Xcodeのブレークポイントの機能を使って、ブレークポイントを通過した時点での変数の中身を通知セ

記事を読む

20160416-142928.jpg

Swift 2.2で可能になったタプルの比較を試してみる

Swift 2.2でタプルの比較が行えるようになったので、色々と試してみました。   

記事を読む

エディタのショートカット・Auto Layout・ブレークポイントに関する詳しい解説も!「Xcode5徹底解説」

著者の@es_kumagaiさんより献本御礼。iOSアプリ開発に用いるツール「Xcode 5」の

記事を読む

I20160228-162014.jpg

詳解 Swift 改訂版のKindle版が発売。リフローに対応!

今日気付いたんですが、「詳解 Swift 改訂版」のKindle版がいつの間にか発売されていまし

記事を読む

20141006-103526.jpg

Xcode 6におけるNSUserDefaultsのplistの在り処と、内容を確認・書き換え・削除する方法

Xcode 6にて、NSUserDefaultsのplistファイルの在り処と、内容を確認・書き

記事を読む

【Mac】macOSのメール(Mail.app)でGmailをサクサク快適に使う方法

macOSに搭載されているメールアプリ、いわゆるMail.ap

【メンズネイル】新宿区大久保のネイルサロンで紫とピンクのネイルにしてもらった

2016年11月12日、東京都新宿区大久保にあるネイルサロン「

[Xcode][Swift]ボタンなどの同時タップを禁止する

iOSで、ボタンなどの同時タップを禁止する方法を紹介します。

【HomeKit】家の照明をSiriで制御できるようにしてみた

Apple製品と家電を連携するシステム「HomeKit(ホーム

【メンズネイル】新宿区大久保のサロンでターコイズとピンクのメタルネイルにしてもらった

2016年10月22日、いつもお世話になっているネイルサロン「

→もっと見る

PAGE TOP ↑