【対処法】Swift 2(iOS 9)ではUITextFieldのtextがString?になっている

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 iPhoneアプリ開発

20160129-115948.jpg

Swift 1(iOS 8)時代において、UITextFieldのtextプロパティは

var text: String!

だったのですが、Swift 2(iOS 9)で型が変更されて

var text: String?

となりました。これによってコードを修正しなければならない場合があるので、解説したいと思います。

    

スポンサード リンク

String型の定数・変数などに代入する場合

Swift 1(iOS 8)

textプロパティの型はString!なので、そのまま代入していました。

let text : String = textField.text

    

Swift 2(iOS 9)

先ほどのコードをそのまま使ってしまうと、

let text : String = textField.text

以下のようなエラーが出てしまいます。

value of optional type ‘String?’ not unwrapped; did you mean to use ‘!’ or ‘?’?

textプロパティの型はString?だから、String型の定数や変数にそのまま代入できません。

以下のようなコードを書いて対応しましょう。

    

!を使ってForced Unwrapping(強制的アンラップ)する

let text : String = textField.text!

    

代入先の定数・変数の型をString?に揃える

let text : String? = textField.text

    

if let を使う

if let text : String = textField.text {
    // textを使って何らかの処理を行う
}

    

?? を使って、textプロパティがnilの時には “”(空文字)を代入する

let text : String = textField.text ?? ""

    

textプロパティの中身を数値に変換したい場合

まず注意点として、Swift 2ではtoInt()が使えなくなっています

Swift 2でtoIntが使えない!unavailableエラーが出た時の対処方法

    

Swift 1(iOS 8)

toInt()を使ってInt型の数値に変換していました。

let num : Int? = textField.text.toInt()

ただし、toInt()での変換は失敗する場合があり(”Hello”などの文字列を数値に変換しようとした場合など)、その変換結果はIntではなくInt?なので、if letなどを使って適切に処理する必要があります。

if let num : Int = textField.text.toInt() {
    // 変換成功。numを使って処理を行う
}else{
    // 変換失敗。
}

    

Swift 2(iOS 9)

textプロパティがString?型であり、toInt()も使えなくなっているので、かわりにInt()イニシャライザーを使って適切に処理しなければなりません。

    

2つのif letで場合分けする

if let text : String = textField.text {
    // textがnilではなかった場合

    if let num : Int = Int(text) {
        // 数値に変換できた場合
    }else{
        // 数値に変換できなかった場合
    }
}else{
    // textがnilだった場合
}

    

1つのif letで場合分けする

if let text : String = textField.text, num = Int(text) {
    // textがnilではなくて、textをInt型の数値に変換できた場合
}else{
    // textがnilか、textをInt型の数値に変換できなかった場合
}

    

textがnilの場合は””(空文字)、Intに変換できなかった場合は0扱いにする

let text : String = textField.text ?? ""
let num : Int = Int(text) ?? 0

    

上記の例を1行にまとめる

let num : Int = Int(textField.text ?? )

    

flatMapを使って変換する(ただしnumはInt?)

let num : Int? = textField.text.flatMap{ Int($0) }

    

@akio0911はこう思った。

Swift 2・Xcode 7・iOS 9に移行して、つまづきやすいポイントのうちの1つが、今回紹介したUITextFieldのtextプロパティの扱いかなあと思います。

オプショナル型(String?・Int?)やif letなどについては以下の本に詳しく載ってます!

    

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

I20160513-010707.jpg

Swiftで計算型プロパティをネストさせてみる

Swiftの計算型プロパティ(Computed property、コンピューテッドプロパティ)を

記事を読む

I20150709-234536.jpg

Swiftの文法をキッチリ学ぶのにオススメな本「詳解Swift」

解説が細かすぎるのでプログラミング未経験者や初心者にはオススメできませんが、Objective

記事を読む

I20160418-235604.jpg

XcodeのStoryboardで部品を選択しやすくする2つの方法

ストーリーボード上で部品が入り組んでくると選択しづらくなってきますが、そんな状況でも部品を選択し

記事を読む

20141227-125250.jpg

実践的な内容まで載っている!開発のプロが教える Swift標準ガイドブック

株式会社マイナビ様より「開発のプロが教える Swift標準ガイドブック」の見本紙を頂きました。早

記事を読む

I20160124-111228.jpg

初心者がデザインを勉強するなら、まずこの本を読むといいかも

まず僕のスペックから話をすると、 アプリのコードを書いたり、ブログを書いたりしている

記事を読む

I20160126-141427.jpg

Swift 2でtoIntが使えない!unavailableエラーが出た時の対処方法

Swift 2でtoInt()を使うと、 'toInt()' is unavailable:

記事を読む

I20160122-095132.jpg

Swift 2のドキュメントコメントの書き方(JavaDoc的なやつ)

コード補完時やoptionクリック時などに説明が出てくるようにする「ドキュメントコメント(J

記事を読む

I20151102-201945.jpg

Swift 2の文法を学べるオススメ本「Swift 2標準ガイドブック」

Swift 2の文法について学べる書籍「Swift 2標準ガイドブック」が発売されたので、紹介し

記事を読む

I20150724-135442.jpg

iPhoneのホーム1画面目に置いているオススメなアプリ38本(2015年9月版)

2014年7月に「iPhoneアプリ開発にオススメの本10選(2014年7月版)」という記事

記事を読む

I20160212-000722.jpg

Swiftにおけるセレクタ(Selector)について調べてみた

NSTimerなどを使う際、引数に「Selector」という型があるのですが、これがSwiftで

記事を読む

I20170521-225453.jpg
東京駅八重洲口の「羊肉酒場 悟大」で網焼きジンギスカンを頂きました!

ゆうせいさんと株式会社 大庄さんからご招待頂き、悟大withサッポ

I20170514-165235.jpg
iPhoneと連携できる体重体組成計「Withings Body Cardio」を使ってます

ジムに通い始めて体脂肪率が落ち始めたのをキッカケに、iPhoneと

I20170507-155440.jpg
【派手髪】ハーレイクイン風の髪色に染めてもらいました

2016年10月20日、ハーレイクイン風の髪色に染めてもらいました

I20170504-173110.jpg
【メンズネイル】東京・新宿のネイルサロンでターコイズのホログラムネイルしてもらった

ネイルネタが1年分くらい溜まっているので、ちょっとずつ書いていこう

I20170502-010117.jpg
SNUGGのライトニングケーブルが耐久性高し。8ヶ月使ってますが断線の気配なし!

iPhoneの充電&転送ケーブルであるLightningケーブルっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑