【Mac】シングルクォートやダブルクォートが勝手に変換されるのを防ぐ方法

公開日: : Mac

20160131-124931.jpg

Macのテキストエディット(標準搭載のテキストエディタ)やEvernoteなどのアプリケーションで、シングルクォート(’)やダブルクォート(”)などを入力した時に、別の記号へ勝手に変換されてしまうのを防ぐ方法について解説したいと思います。

    

シングルクォートやダブルクォートなどが勝手に変換されてしまう現象とは?

テキストエディットやEvernoteなどの文字を入力できるアプリケーションで、シングルクォート(’)やダブルクォート(”)などを入力すると、別の記号(‘’)や(“”)に勝手に置き換わってしまうことがあります。

    

↓これが、

20160131-12562.jpg

    

↓こうなってしまう。

20160131-130621.jpg

    

Macのシステム環境設定で「スマート引用符とスマートダッシュを使用」をオフにする

では、この現象の対策方法について紹介していきましょう。

まずはMacの「システム環境設定」を開いて、

20160131-130848.jpg

    

「キーボード」を開き、

20160131-131428.jpg

    

「スマート引用符とスマートダッシュを使用」をオフにしましょう。

20160131-131605.jpg

    

テキストエディットの「スマート引用符」と「スマートダッシュ記号」をオフにする

テキストエディットの場合は、更にテキストエディットの環境設定を開いて、

20160131-131746.jpg

    

「スマート引用符」と「スマートダッシュ記号」をオフにして、

20160131-135744.jpg

    

テキストエディットを再起動しましょう。

20160131-14100.jpg

    

これで引用符の自動変換が無効になるはずです。

    

@akio0911はこう思った。

この現象に初めて遭遇した時はビックリしましたが、無効にする方法がわかって一安心です。

    

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑