Swiftにおけるセレクタ(Selector)について調べてみた

公開日: : iPhoneアプリ開発

20160212-000722.jpg

NSTimerなどを使う際、引数に「Selector」という型があるのですが、これがSwiftではどのような扱いになっているのかを少し調べてみました。

    

スポンサード リンク

Selectorの使用例 : タイマーの初期化処理

例えばタイマー処理を行う場合、例えば以下のようなコードを書いて初期化を行います。

class ViewController: UIViewController {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval(
            1, target: self, selector: "update:", userInfo: nil, repeats: true)
    }

    func update(timer:NSTimer) {
        print(timer)
    }
}

    

scheduledTimerWithTimeIntervalメソッドの宣言は以下のようになっています。

public class func scheduledTimerWithTimeInterval(ti: NSTimeInterval, target aTarget: AnyObject, selector aSelector: Selector, userInfo: AnyObject?, repeats yesOrNo: Bool) -> NSTimer

引数targetと引数selectorを使って、定期的にどのメソッドを呼ばせるのかを指定します。

    

引数targetの型はAnyObjectなので、任意のクラスインスタンスを渡すことができます。

では、引数selectorの型「Selector」とは、一体何なのでしょうか?

    

Selectorの宣言

Swiftにおいて、Selectorは以下のように宣言されています。

/// The Objective-C SEL type.
///
/// The Objective-C SEL type is typically an opaque pointer. Swift
/// treats it as a distinct struct type, with operations to
/// convert between C strings and selectors.
///
/// The compiler has special knowledge of this type.
public struct Selector : StringLiteralConvertible, NilLiteralConvertible {
    /// Create a selector from a string.
    public init(_ str: String)
    /// Create an instance initialized to `value`.
    public init(unicodeScalarLiteral value: String)
    /// Construct a selector from `value`.
    public init(extendedGraphemeClusterLiteral value: String)
    /// Create an instance initialized to `value`.
    public init(stringLiteral value: String)
    public init()
    /// Create an instance initialized with `nil`.
    public init(nilLiteral: ())
}

また、Selectorが適合している「StringLiteralConvertible」と「NilLiteralConvertible」の宣言は以下の通りです。

/// Conforming types can be initialized with arbitrary string literals.
public protocol StringLiteralConvertible : ExtendedGraphemeClusterLiteralConvertible {
    typealias StringLiteralType
    /// Create an instance initialized to `value`.
    public init(stringLiteral value: Self.StringLiteralType)
}
/// Conforming types can be initialized with `nil`.
public protocol NilLiteralConvertible {
    /// Create an instance initialized with `nil`.
    public init(nilLiteral: ())
}

よって、Selectorとして文字列で指定することもできるし、nilで指定することもできるようになっています。

Selector型は構造体で、文字列を引数とするイニシャライザを持ちます。インスタンスobjに対し、引数のないメソッドsay()をセレクタを使って呼び出すには次のようにします。ここでperformSelector(_:)はNSObjectのメソッドです。

let sel = Selector(“say”)
obj.performSelector(sel)

Selector型はプロトコルStringLiteralConvertibleを採用しているため、セレクタの代わりに文字列リテラルを記述することもできます。自動的にイニシャライザが呼び出されます。

obj.performSelector(“say”)

引用元 : 詳解 Swift 改訂版

    

Selectorの実装

なお、「swift/ObjectiveC.swift at 4d0c060e2189571b0103fa5473ed8d8145d0e231 · apple/swift」をチェックしてみると、Selectorの実装は以下のようになっていました。

/// The Objective-C SEL type.
///
/// The Objective-C SEL type is typically an opaque pointer. Swift
/// treats it as a distinct struct type, with operations to
/// convert between C strings and selectors.
///
/// The compiler has special knowledge of this type.
public struct Selector : StringLiteralConvertible, NilLiteralConvertible {
  var ptr : COpaquePointer

  /// Create a selector from a string.
  public init(_ str : String) {
    ptr = str.withCString { sel_registerName($0).ptr }
  }

  /// Create an instance initialized to `value`.
  public init(unicodeScalarLiteral value: String) {
    self.init(value)
  }

  /// Construct a selector from `value`.
  public init(extendedGraphemeClusterLiteral value: String) {
    self.init(value)
  }

  // FIXME: Fast-path this in the compiler, so we don't end up with
  // the sel_registerName call at compile time.
  /// Create an instance initialized to `value`.
  public init(stringLiteral value: String) {
    self = sel_registerName(value)
  }

  public init() {
    ptr = nil
  }
  
  /// Create an instance initialized with `nil`.
  @_transparent public
  init(nilLiteral: ()) {
    ptr = nil
  }
}

@warn_unused_result
public func ==(lhs: Selector, rhs: Selector) -> Bool {
  return sel_isEqual(lhs, rhs)
}

extension Selector : Equatable, Hashable {
  /// The hash value.
  ///
  /// **Axiom:** `x == y` implies `x.hashValue == y.hashValue`
  ///
  /// - Note: the hash value is not guaranteed to be stable across
  ///   different invocations of the same program.  Do not persist the
  ///   hash value across program runs.
  public var hashValue: Int {
    return ptr.hashValue
  }
}

extension Selector : CustomStringConvertible {
  /// A textual representation of `self`.
  public var description: String {
    if let s = String.fromCStringRepairingIllFormedUTF8(sel_getName(self)).0 {
      return s
    }
    return "<NULL>"
  }
}

extension String {
  /// Construct the C string representation of an Objective-C selector.
  public init(_sel: Selector) {
    // FIXME: This misses the ASCII optimization.
    self = String.fromCString(sel_getName(_sel))!
  }
}

extension Selector : CustomReflectable {
  /// Returns a mirror that reflects `self`.
  public func customMirror() -> Mirror {
    return Mirror(reflecting: String(_sel: self))
  }
}
  • Equatableプロトコルに適合しているので==演算子で比較することができる
  • Hashableプロトコルに適合しているのでSetなどに入れられる
  • CustomStringConvertibleプロトコルに適合しているのでprintなどでログ出力したりできる

ということが分かります。

    

@akio0911はこう思った。

「Selector型って書いてあるのに、なんでStringを渡せるんだろう?」って思ってたんですが、StringLiteralConvertibleプロトコルに適合していたんですね。

Swiftにおけるプロトコルの活用方法が少し分かった気がしました。

    

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

20141210-164612.jpg

【Swift】Generated Header内にSwiftクラスの定義が記述されない場合の確認事項【Xcode6】

Swiftで書いたクラスをObjective-Cで使う際には、「Generated Header

記事を読む

I20160201-112159.jpg

ライブラリ管理ツールCarthageのCartfileの書き方

iOS(Cocoa)ライブラリ管理ツール「Carthage」で使用するCartfileの書き方を

記事を読む

iPhoneゲームを簡単に開発したいならこの本がオススメ!「Sprite Kit iPhone 2Dゲームプログラミング」

iPhoneゲームアプリを簡単に開発したいなら「Sprite Kit iPhone 2Dゲームプ

記事を読む

I20150721-164252.jpg

【書籍】iPhoneアプリ開発の初心者にオススメの本「詳細! Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート」

     Swift 1.1、Xcode 6.1、iOS 8.1に対応している書籍「詳

記事を読む

I20160125-104438.jpg

iPhoneアプリの開発に必要なものをまとめてみた

僕はアプリ開発講座を開催していますが、その関係もあって「iPhoneアプリを開発するには、ど

記事を読む

I20160126-141427.jpg

Swift 2でtoIntが使えない!unavailableエラーが出た時の対処方法

Swift 2でtoInt()を使うと、 'toInt()' is unavailable:

記事を読む

20141224-231137.jpg

【Swift】Auto Layoutで特定のデバイス・画面サイズの時だけ制約を変更する方法

Auto Layoutで、特定のデバイスや画面サイズの時だけ制約を変更する方法について紹介したい

記事を読む

iPhoneアプリ開発の初心者にオススメな本はこれだ!iOS 7とXcode 5に対応!

僕が講師をしている初心者向けのiPhoneアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」でも参考書とし

記事を読む

I20151122-213340.jpg

【入門本】詳細! Swift 2 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 2 + Xcode 7対応

ソーテック社より「詳細! Swift 2 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift

記事を読む

I20160204-120840.jpg

Swiftでプロトコル型に対して===演算子を使いたい時の対処法

プロトコル型の変数や定数に対して===演算子を使うと「error: binary opera

記事を読む

I20170228-002742.jpg
約3ヶ月で体脂肪率を6.2%も落とせたキッカケについて

(右上の赤枠内がダイエット開始前、左下の赤枠内が3ヶ月後の数値

I20161224-174949.jpg
「季節の野菜を直接配送!季節のスムージー」を買ってみた

「FiNCモール」で、「季節の野菜を直接配送!季節のスムージー」を

I20161002-152537.jpg
【メンズネイル】東京・新宿のネイルサロンでマットネイルしてもらった

2016年7月18日、東京・新宿のメンズOKなネイルサロン「Tot

I20160925-163452.jpg
タブバーアイコン非選択時の色を変更する方法【iOS 10】

UITabBarControllerで、タブバーアイコン非選択時の

I20160924-123726.jpg
iPad Pro 9.7インチ SIMフリーモデルにFREETELのSIMを入れて使ってみた

今までiPad miniで使っていたFREETELのSIM

→もっと見る

PAGE TOP ↑