Swiftにおけるセレクタ(Selector)について調べてみた

公開日: : iPhoneアプリ開発

20160212-000722.jpg

NSTimerなどを使う際、引数に「Selector」という型があるのですが、これがSwiftではどのような扱いになっているのかを少し調べてみました。

    

スポンサード リンク

Selectorの使用例 : タイマーの初期化処理

例えばタイマー処理を行う場合、例えば以下のようなコードを書いて初期化を行います。

class ViewController: UIViewController {
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        NSTimer.scheduledTimerWithTimeInterval(
            1, target: self, selector: "update:", userInfo: nil, repeats: true)
    }

    func update(timer:NSTimer) {
        print(timer)
    }
}

    

scheduledTimerWithTimeIntervalメソッドの宣言は以下のようになっています。

public class func scheduledTimerWithTimeInterval(ti: NSTimeInterval, target aTarget: AnyObject, selector aSelector: Selector, userInfo: AnyObject?, repeats yesOrNo: Bool) -> NSTimer

引数targetと引数selectorを使って、定期的にどのメソッドを呼ばせるのかを指定します。

    

引数targetの型はAnyObjectなので、任意のクラスインスタンスを渡すことができます。

では、引数selectorの型「Selector」とは、一体何なのでしょうか?

    

Selectorの宣言

Swiftにおいて、Selectorは以下のように宣言されています。

/// The Objective-C SEL type.
///
/// The Objective-C SEL type is typically an opaque pointer. Swift
/// treats it as a distinct struct type, with operations to
/// convert between C strings and selectors.
///
/// The compiler has special knowledge of this type.
public struct Selector : StringLiteralConvertible, NilLiteralConvertible {
    /// Create a selector from a string.
    public init(_ str: String)
    /// Create an instance initialized to `value`.
    public init(unicodeScalarLiteral value: String)
    /// Construct a selector from `value`.
    public init(extendedGraphemeClusterLiteral value: String)
    /// Create an instance initialized to `value`.
    public init(stringLiteral value: String)
    public init()
    /// Create an instance initialized with `nil`.
    public init(nilLiteral: ())
}

また、Selectorが適合している「StringLiteralConvertible」と「NilLiteralConvertible」の宣言は以下の通りです。

/// Conforming types can be initialized with arbitrary string literals.
public protocol StringLiteralConvertible : ExtendedGraphemeClusterLiteralConvertible {
    typealias StringLiteralType
    /// Create an instance initialized to `value`.
    public init(stringLiteral value: Self.StringLiteralType)
}
/// Conforming types can be initialized with `nil`.
public protocol NilLiteralConvertible {
    /// Create an instance initialized with `nil`.
    public init(nilLiteral: ())
}

よって、Selectorとして文字列で指定することもできるし、nilで指定することもできるようになっています。

Selector型は構造体で、文字列を引数とするイニシャライザを持ちます。インスタンスobjに対し、引数のないメソッドsay()をセレクタを使って呼び出すには次のようにします。ここでperformSelector(_:)はNSObjectのメソッドです。

let sel = Selector(“say”)
obj.performSelector(sel)

Selector型はプロトコルStringLiteralConvertibleを採用しているため、セレクタの代わりに文字列リテラルを記述することもできます。自動的にイニシャライザが呼び出されます。

obj.performSelector(“say”)

引用元 : 詳解 Swift 改訂版

    

Selectorの実装

なお、「swift/ObjectiveC.swift at 4d0c060e2189571b0103fa5473ed8d8145d0e231 · apple/swift」をチェックしてみると、Selectorの実装は以下のようになっていました。

/// The Objective-C SEL type.
///
/// The Objective-C SEL type is typically an opaque pointer. Swift
/// treats it as a distinct struct type, with operations to
/// convert between C strings and selectors.
///
/// The compiler has special knowledge of this type.
public struct Selector : StringLiteralConvertible, NilLiteralConvertible {
  var ptr : COpaquePointer

  /// Create a selector from a string.
  public init(_ str : String) {
    ptr = str.withCString { sel_registerName($0).ptr }
  }

  /// Create an instance initialized to `value`.
  public init(unicodeScalarLiteral value: String) {
    self.init(value)
  }

  /// Construct a selector from `value`.
  public init(extendedGraphemeClusterLiteral value: String) {
    self.init(value)
  }

  // FIXME: Fast-path this in the compiler, so we don't end up with
  // the sel_registerName call at compile time.
  /// Create an instance initialized to `value`.
  public init(stringLiteral value: String) {
    self = sel_registerName(value)
  }

  public init() {
    ptr = nil
  }
  
  /// Create an instance initialized with `nil`.
  @_transparent public
  init(nilLiteral: ()) {
    ptr = nil
  }
}

@warn_unused_result
public func ==(lhs: Selector, rhs: Selector) -> Bool {
  return sel_isEqual(lhs, rhs)
}

extension Selector : Equatable, Hashable {
  /// The hash value.
  ///
  /// **Axiom:** `x == y` implies `x.hashValue == y.hashValue`
  ///
  /// - Note: the hash value is not guaranteed to be stable across
  ///   different invocations of the same program.  Do not persist the
  ///   hash value across program runs.
  public var hashValue: Int {
    return ptr.hashValue
  }
}

extension Selector : CustomStringConvertible {
  /// A textual representation of `self`.
  public var description: String {
    if let s = String.fromCStringRepairingIllFormedUTF8(sel_getName(self)).0 {
      return s
    }
    return "<NULL>"
  }
}

extension String {
  /// Construct the C string representation of an Objective-C selector.
  public init(_sel: Selector) {
    // FIXME: This misses the ASCII optimization.
    self = String.fromCString(sel_getName(_sel))!
  }
}

extension Selector : CustomReflectable {
  /// Returns a mirror that reflects `self`.
  public func customMirror() -> Mirror {
    return Mirror(reflecting: String(_sel: self))
  }
}
  • Equatableプロトコルに適合しているので==演算子で比較することができる
  • Hashableプロトコルに適合しているのでSetなどに入れられる
  • CustomStringConvertibleプロトコルに適合しているのでprintなどでログ出力したりできる

ということが分かります。

    

@akio0911はこう思った。

「Selector型って書いてあるのに、なんでStringを渡せるんだろう?」って思ってたんですが、StringLiteralConvertibleプロトコルに適合していたんですね。

Swiftにおけるプロトコルの活用方法が少し分かった気がしました。

    

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

20160508-170745.jpg

SwiftTaskで失敗したタスクによって異なるエラー処理を行う方法

SwiftTaskで複数のタスクを.successでチェーンさせ、失敗したタスクによって

記事を読む

I20150724-135442.jpg

iPhoneのホーム1画面目に置いているオススメなアプリ38本(2015年9月版)

2014年7月に「iPhoneアプリ開発にオススメの本10選(2014年7月版)」という記事

記事を読む

20141224-231137.jpg

【Swift】Auto Layoutで特定のデバイス・画面サイズの時だけ制約を変更する方法

Auto Layoutで、特定のデバイスや画面サイズの時だけ制約を変更する方法について紹介したい

記事を読む

20140810-193043.jpg

WordPressでObjective-Cのソースコードをキレイに整形して表示する方法

WordPressの記事内で、Objective-Cのソースコードをキレイに整形して表示する方法

記事を読む

20141228-232009.jpg

【Swift】as?演算子を使ったキャストでは結果がoptionalとなる

今日はSwiftのas演算子とas?演算子について解説したいと思います。as演算子について

記事を読む

20150104-120413.jpg

【おすすめ本】Swiftではじめる iPhoneアプリ開発の教科書【iOS 8&Xcode 6対応】

     入門者にオススメな、Swift&Xcode 6の入門書「Swiftではじめる

記事を読む

I20151102-201945.jpg

Swift 2の文法を学べるオススメ本「Swift 2標準ガイドブック」

Swift 2の文法について学べる書籍「Swift 2標準ガイドブック」が発売されたので、紹介し

記事を読む

I20150805-182005.jpg

Swiftにおける関数型のエッセンスを学ぶために「関数プログラミング実践入門」を読み始めた

Swiftの関数型言語的な特徴についての話を各所で見るようになりましたが、自分は関数型言語の

記事を読む

I20160417-171311.jpg

Xcodeのブレークポイントで変数の中身を通知センターに表示してみる

Xcodeのブレークポイントの機能を使って、ブレークポイントを通過した時点での変数の中身を通知セ

記事を読む

20160416-142928.jpg

Swift 2.2で可能になったタプルの比較を試してみる

Swift 2.2でタプルの比較が行えるようになったので、色々と試してみました。   

記事を読む

PAGE TOP ↑