MacBook12インチ用にUSB-C – USBアダプタを買ってみた

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 Mac

20160329-161225.jpg

先日購入したMacBook 12インチ用に、アップルのUSB-C – USBアダプタを買ってみました。 ⇒

    

20160329-161624.jpg

12インチは普通のUSBポートが搭載されていないので、iPhoneやポータブルHDDなどのUSBポートが必要となる周辺機器を接続するには、「USB-C – USBアダプタ」を使って変換してあげる必要があります。

とはいえ、MacBook 12インチを使い始めてみて分かったのですが、最近はUSBポートが必要になる機会が驚くほど少ないですね(もちろん、どのような職業なのか?普段どういった作業をMacBookで行うのか?などにもよってはきますが)。

以前はiPhoneのデータ同期やバックアップなどにもUSB接続が必要でしたが、最近はiCloudバックアップなどの仕組みで済んでしまいますし。

僕はアプリ開発者なので、作ったアプリをiPhoneに転送する際に「USB-C – USBアダプタ」を使っていますが、もしアプリ開発を行わなかったら、このアダプタの出番はほとんど無かったのではないかと思います。

という状況はあるにせよ、USB接続が必要になる状況が皆無なわけではないので、1つ持っておくと安心ですね。

    

20160329-162316.jpg

アダプタはかなりコンパクトで軽いので、 12インチ用のケースのポケットに忍ばせています。

    

@akio0911はこう思った。

12インチを購入して使われるのであれば、1つ持っておくと安心だと思います。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑