Playground搭載のHaskell for Macをインストールして使ってみた

公開日: : Mac

20160412-192305.jpg

関数型プログラミング言語HaskellのMac用IDEである「Haskell for Mac」を使ってみました。

    

Haskell — Functional Programming Lab App
カテゴリ: 開発ツール
価格: ¥2,400

    

20160412-192638.jpg

Haskell for Macを起動するとウェルカム画面が表示され、「Create a New Haskell Project」からプロジェクトを作成することができます。

    

20160412-192841.jpg

画面は左から順に「Project Navigator」「Editor」「Playground」の3つに分かれています。

右上の「Show or Hide Area」ボタンで、それぞれの領域の表示・非表示を切り替えることができます。

    

20160412-214926.jpg

右側のPlayground領域にHaskellのコードを書くと、XcodeのPlaygroundのように右側へ実行結果が表示されます。

ちなみに上記コードはSwiftでいうところの

(1...10).map{ $0 + 1 }

(1...10).map{ n in n + 1 }

のような動作をします。

    

20160412-221645.jpg

左側のEditor領域で関数を定義すると、それを右側のPlayground領域で使用することができます。

    

20160412-222653.jpg

グラフを描画するサンプルなども同梱されていて楽しげです。

    

@akio0911はこう思った。

以前に「すごいH本」を読んでHaskellについて勉強しましたが、 ⇒ Functional Programming in Swiftを読むために、すごいH本を読み終えた感想

Functional Programming in Swiftを読むために、すごいH本を読み終えた感想

    

今回紹介したHaskell for MacのPlaygroundを使って2週目を読んでみるのもありかなーなどと思っていたりします。

    

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑