Xcodeのブレークポイントで変数の中身を通知センターに表示してみる

公開日: : iOSアプリ開発

20160417-171311.jpg

Xcodeのブレークポイントの機能を使って、ブレークポイントを通過した時点での変数の中身を通知センターに表示するっていうのをやってみたので、その方法を解説したいと思います。

    

通知センターに表示するためのスクリプトを作る

まず、通知センターに表示するためのスクリプトを作ります。

ここではシェルスクリプトで以下のように書いてみました。

#!/bin/sh

osascript -e "display notification \"count = $1\" with title \"Title\""

「osascript -e」で、指定したAppleScriptを実行します。

AppleScriptでは、「display notification “メッセージ” with title “タイトル”」で、指定したメッセージを通知センターに表示することができます。

$1は、このスクリプトに渡された1つ目の引数ですね。

ファイル名は「notification.sh」としました。

試しにターミナルで実行してみましょう。

20160417-193509.jpg

引数に渡した文字列が通知として表示されます。

    

ブレークポイントでスクリプトを実行する

次にXcode上でブレークポイントを設置し、右クリックで「Edit Breakpoint…」を選択して設定を行っていきましょう。


20160417-19383.jpg

  • 「Action」で「Shell Command」を選択
  • 先ほど作成したスクリプトファイルを指定
  • スクリプトの引数として「@count@」を指定(変数countの中身を表示したい場合)
  • 「Automatically continue after evaluating actions」にチェックを入れる

あとはXcode上でコードを実行すれば、ブレークポイントを通過する度に通知センターへ変数の中身が表示されます。

20160417-194151.jpg

    

@akio0911はこう思った。

今回は変数の中身を通知センターへ表示させてみましたが、この方法を応用すれば更に有用な仕組みを構築できるかもしれません。

↓ Xcode 5時代の書籍ではありますが、今回紹介したブレークポイント周りも含め、現在のXcode 7でも役に立つ知識がたくさん載っています。読んで損はないかと思います。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

init(frame:), init(coder:), awakeFromNib, prepareForInterfaceBuilder が呼ばれる条件をまとめてみた

カスタムViewを作った際に呼ばれる初期化系メソッドの条件や順

【WWDC2018】iOSエンジニア的に気になる新機能・新APIまとめ

こんにちは、@akio0911です。 先日開催されたWW

【Swift】Codableで後からキーを追加した場合の挙動

こんにちは、@akio0911です。 SwiftのCod

→もっと見る

PAGE TOP ↑