Swiftで計算型プロパティをネストさせてみる

公開日: : iPhoneアプリ開発

20160513-010707.jpg

Swiftの計算型プロパティ(Computed property、コンピューテッドプロパティ)をネストできることを初めて知ったので、サンプルも交えて紹介したいと思います。

    

スポンサード リンク

単一の計算型プロパティを使って実装する

まず、単一の計算型プロパティを使ってサンプルを書いてみました。

struct Data1 {
    var count: Int
    var unit: String
    
    var attributedText: NSAttributedString {
        let result = NSMutableAttributedString()
        
        
        let countAttributes = [
            NSFontAttributeName : UIFont.systemFontOfSize(24),
            NSForegroundColorAttributeName : UIColor.redColor()
        ]
        let countText = NSAttributedString(string: String(count),
                                           attributes: countAttributes)
        result.appendAttributedString(countText)
        
        
        let unitAttributes = [
            NSFontAttributeName : UIFont.systemFontOfSize(14),
            NSForegroundColorAttributeName : UIColor.blackColor()
        ]
        let unitText = NSAttributedString(string: unit,
                                          attributes: unitAttributes)
        result.appendAttributedString(unitText)
        
        
        return result
    }
}

Data1(count: 27, unit: "inch").attributedText

赤い文字と黒い文字を組み合わせたNSAttributedStringを生成する計算型プロパティですが、コードが長く処理の流れが見通しづらくなってしまっています。

    

複数の計算型プロパティを使って実装する

次に、複数の計算型プロパティを使って実装してみましょう。

struct Data2 {
    var count: Int
    var unit: String
    
    private var countText: NSAttributedString {
        let countAttributes = [
            NSFontAttributeName : UIFont.systemFontOfSize(24),
            NSForegroundColorAttributeName : UIColor.redColor()
        ]
        return NSAttributedString(string: String(count),
                                  attributes: countAttributes)
    }

    private var unitText: NSAttributedString {
        let unitAttributes = [
            NSFontAttributeName : UIFont.systemFontOfSize(14),
            NSForegroundColorAttributeName : UIColor.blackColor()
        ]
        return NSAttributedString(string: unit,
                                  attributes: unitAttributes)
    }
    
    var attributedText: NSAttributedString {
        let result = NSMutableAttributedString()
        result.appendAttributedString(countText)
        result.appendAttributedString(unitText)
        return result
    }
}

Data2(count: 27, unit: "inch").attributedText

countTextとunitTextはprivateにしているので外部からは見えませんが、struct内の名前空間を汚してしまう点が微妙だと思います。

    

計算型プロパティをネストさせる

最後に計算型プロパティをネストさせて実装してみましょう。

func +(text1: NSAttributedString, text2: NSAttributedString) -> NSAttributedString{
    let result = NSMutableAttributedString()
    result.appendAttributedString(text1)
    result.appendAttributedString(text2)
    return result
}

struct Data3 {
    var count: Int
    var unit: String
    
    var attributedText: NSAttributedString {
        // Nested computed property 😊
        var countText: NSAttributedString {
            let countAttributes = [
                NSFontAttributeName : UIFont.systemFontOfSize(24),
                NSForegroundColorAttributeName : UIColor.redColor()
            ]
            return NSAttributedString(string: String(count),
                                      attributes: countAttributes)
        }
        
        // Nested computed property 😊
        var unitText: NSAttributedString {
            let unitAttributes = [
                NSFontAttributeName : UIFont.systemFontOfSize(14),
                NSForegroundColorAttributeName : UIColor.blackColor()
            ]
            return NSAttributedString(string: unit,
                                      attributes: unitAttributes)
        }
        
        return countText + unitText
    }
}

Data3(count: 27, unit: "inch").attributedText

計算型プロパティをネストさせたので、countTextやunitTextがstruct内の名前空間を汚さず、更にattributedText内でのみ使用するという意図も表現できています。

ついでにNSAttributedString同士を連結する+演算子を導入したことで、読みやすいスッキリとしたコードにすることができました。

    

サンプルはこちら

今回のサンプルコードはGitHubに置いてありますので、ぜひチェックしてみてください。 ⇒ SwiftTips/Contents.swift at master · akio0911/SwiftTips

    

@akio0911はこう思った。

今回紹介した「計算型プロパティのネスト」は応用範囲が広そうな書き方ですね。

これから書くコードで積極的に活用していきたいなと思ってます。

    

↓ Swiftの計算型プロパティなどに関する文法は、以下の本が詳しいです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

20141227-125250.jpg

実践的な内容まで載っている!開発のプロが教える Swift標準ガイドブック

株式会社マイナビ様より「開発のプロが教える Swift標準ガイドブック」の見本紙を頂きました。早

記事を読む

I20160201-112159.jpg

ライブラリ管理ツールCarthageのCartfileの書き方

iOS(Cocoa)ライブラリ管理ツール「Carthage」で使用するCartfileの書き方を

記事を読む

20140905-180905.jpg

英語苦手な人がSwiftを学びたいならこの本を読むといいよ!

アップルのWWDC2014で発表された、iOSおよびOS Xのためのプログラミング言語「Swift」

記事を読む

20140810-193043.jpg

WordPressでObjective-Cのソースコードをキレイに整形して表示する方法

WordPressの記事内で、Objective-Cのソースコードをキレイに整形して表示する方法

記事を読む

20141225-223049.jpg

【Xcode6】Auto Layoutで制約のFirst ItemとSecond Itemを逆にする方法

一度追加した制約のFirst ItemとSecond Itemを入れ替える方法について紹介します

記事を読む

20160724-154909.jpg

デザインの素人がノンデザイナーズ・デザインブックを読んだら、デザインの原則が結構分かるようになった!

ずっとエンジニアとして働いてきてデザインに関してはまったくの素人な僕ですが、「ノンデザイナーズ・

記事を読む

20150409-103620.jpg

描いたベクターグラフィックをSwift/Objective-Cコードに変換できる「Paint Code 2」

引用元 : PaintCode ベクターグラフィックを描き、それを描画するためのSwift

記事を読む

I20150924-010943.jpg

Swift 2.0で追加されたOptionSetTypeがなかなか便利

Swift 2.0で追加されたOptionSetTypeプロトコルがなかなか便利なので紹介し

記事を読む

I20160124-111228.jpg

初心者がデザインを勉強するなら、まずこの本を読むといいかも

まず僕のスペックから話をすると、 アプリのコードを書いたり、ブログを書いたりしている

記事を読む

20140818-141439.jpg

iPhoneアプリを作りたい開発初心者にまずはやってみて欲しい3つのこと

今日は、これからiPhoneアプリを作りたい開発初心者の方にやってもらいたいことを書いてみた

記事を読む

PAGE TOP ↑