SwiftBondを使ってみた。observeやObservableの使い方など

公開日: : iPhoneアプリ開発

20160525-233821.jpg

Swiftバインディングフレームワークである「SwiftBond」を使ってみました!

小さなサンプルを作ってみたので、それを使ってSwiftBondの使い方を簡単に紹介したいと思います。

    

スポンサード リンク

「何かが起こったら、それに合わせて何かをしたい」を実現できる

SwiftBondはまだ少ししか使っていないのですが、いまのところ分かっているのは「何かが起こったら、それに合わせて何かをしたい」を簡単に実現できる仕組みなんだなあ、ということ。

他にも便利な側面があるのかもしれませんが、僕にとっては上記の仕組みだけでも十分に便利だと感じました。

    

今回作ってみたサンプルの内容

20160525-234612.jpg

  • タブによって3つの画面を切り替えられる
  • それぞれの画面では、3つの色から1つを選択でき、選択するとその色を表示する
  • 色の選択方法と表示方法は、それぞれの画面で異なっている
  • 色の選択状態は3つの画面で共有されている
  • ある画面で色を選択すると、その変更は他の画面へも即座に反映される
  • 1つ目の画面では、ボタンをタップして色を変更
  • 1つ目の画面では、選択した色が背景色に反映される
  • 2つ目の画面では、UISegmentedControlをタップして色を変更
  • 2つ目の画面では、選択した色が文字としてラベルに表示される
  • 3つ目の画面では、画面をタップする度に色を変更
  • 3つ目の画面では、選択した色がcolorViewの背景色に反映される

    

色を表現するenumを作る

まず、扱う色を表現するenumを1つ作ります。

  • UIColor表現を取り出せる「color」
  • String表現を取り出せる「text」
  • 次の色を取り出せる「next」

を用意しておきます。

import Foundation
import UIKit

enum Color: Int {
    case Red
    case Green
    case Blue
    
    var color: UIColor {
        switch self {
        case .Red:   return UIColor.redColor()
        case .Green: return UIColor.greenColor()
        case .Blue:  return UIColor.blueColor()
        }
    }
    
    var text: String {
        switch self {
        case .Red:   return "Red"
        case .Green: return "Green"
        case .Blue:  return "Blue"
        }
    }
    
    var next: Color {
        switch self {
        case .Red:   return .Green
        case .Green: return .Blue
        case .Blue:  return .Red
        }
    }
}

    

色を管理するシングルトンを作る

今回は、現在の選択色を管理するためのシングルトンを作ってみました。

import Foundation
import Bond

class ColorManager {
    private init() {}
    
    static let sharedManager = ColorManager()
    
    let color = Observable<Color>(.Red)
}

ポイントはlet colorの部分です。Observable<Color>とすることで、変化を監視できるようにします。初期値は.Redとしています。

    

1つ目の画面を作る

1つ目の画面を作ります。まずは表示から。

ColorManager.sharedManager.color.observe { [weak self] color in
    self?.view.backgroundColor = color.color
}

先ほどシングルトンに持たせた監視可能なcolorを、observeを使って監視しています。

監視対象のcolorが変化したタイミングで、画面のviewの色を更新します。

次は各ボタンをタップした時にやりたいことを記述していきます。

redButton.bnd_tap.observe {
    ColorManager.sharedManager.color.value = .Red
}
        
greenButton.bnd_tap.observe {
    ColorManager.sharedManager.color.value = .Green
}

blueButton.bnd_tap.observe {
    ColorManager.sharedManager.color.value = .Blue
}
  • redButtonがタップされたら.Redに変更
  • greenButtonがタップされたら.Greenに変更
  • blueButtonがタップされたら.Blueに変更

という形で記述しています。

ボタンがタップされた時の処理で、viewの更新を行っていない点に注目です。

既に「シングルトンのcolorが変更されたら、画面のviewを更新する」という記述を行っているので必要ないんですね。

    

2つ目の画面を作る

次は2つ目の画面を作っていきましょう。

ColorManager.sharedManager.color.observe { [weak self] color in
    self?.colorLabel.text      = color.text
    self?.colorLabel.textColor = color.color
            
    self?.colorSegment.selectedSegmentIndex = color.rawValue
}

シングルトンのcolorが変更されたら、それに合わせてラベルの文字と色、そしてUISegmentedControlの選択状態を変更しています。

colorSegment.bnd_selectedSegmentIndex.observe { index in
    guard let color = Color(rawValue: index) else { return }
    ColorManager.sharedManager.color.value = color
}

UISegmentedControlの選択状態が切り替わったら、それに合わせてシングルトンのcolorを更新しています。

    

3つ目の画面を作る

最後に3つ目の画面を作りましょう。

ColorManager.sharedManager.color.observe { [weak self] color in
    self?.colorView.backgroundColor = color.color
}

シングルトンのcolorが変化したら、それに合わせてcolorViewの色を変更しています。

@IBAction func tap(sender: AnyObject) {
    ColorManager.sharedManager.color.value
        = ColorManager.sharedManager.color.value.next
}

画面がタップされたら、それに合わせてシングルトンのcolorを次の色に変更しています。

UITapGestureRecognizerのObservableが見当たらなかったのですが、おそらく独自に作ることも可能だと思います(後で調査)。

    

サンプルコードはこちら

今回作成したプロジェクトはこちらからダウンロードできます ⇒ akio0911/SwiftBondExample

    

@akio0911はこう思った。

今回のように基礎的な使い方であれば、思っていたよりもかなり扱いが簡単ですね!

(より発展的な使い方になってくると、扱いが難しくなるのかもしれないですけど)

データの変化に合わせたUIの更新を都度行わなくても良いので楽ですね。今作っている個人アプリでSwiftBondを導入したくなってきました。

    

↓ SwiftBondを使うなら、以下の本でクロージャの使い方について熟知しておいたほうが良いかもしれません。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

20160416-142928.jpg

Swift 2.2で可能になったタプルの比較を試してみる

Swift 2.2でタプルの比較が行えるようになったので、色々と試してみました。   

記事を読む

20141227-125250.jpg

実践的な内容まで載っている!開発のプロが教える Swift標準ガイドブック

株式会社マイナビ様より「開発のプロが教える Swift標準ガイドブック」の見本紙を頂きました。早

記事を読む

I20160125-104438.jpg

iPhoneアプリの開発に必要なものをまとめてみた

僕はアプリ開発講座を開催していますが、その関係もあって「iPhoneアプリを開発するには、ど

記事を読む

I20151107-111928.jpg

Swift 2で要求バージョンの指定・実行環境バージョンの確認を行う(#availableと@available)

Swift 2で追加された#available, @availableの使い方についてメモしてお

記事を読む

I20160130-110811.jpg

【解決】Redundant conformance of ‘NSDate’ to protocol ‘Comparable’エラーが出た時の対処方法

アプリ開発中に「Redundant conformance of 'NSDate' to pro

記事を読む

20160811-173801.jpg

【iOS】特定のセルがUITableViewの表示領域内に収まっているかどうかを調べる

特定のセルがUITableViewの表示領域内に収まっているかどうかを調べる方法を紹介します。


記事を読む

I20150722-185359.jpg

【書籍】12のパターンで学ぶ本「iOSアプリ開発 AutoLayout徹底攻略」

     Auto Layoutの使い方について解説されている本「iOSアプリ開発 A

記事を読む

20150327-131839.jpg

【Apple Watchアプリ】ボタン内の文字の先頭に画像を入れる方法【WatchKit】

Apple Watch向けのアプリを作るためのフレームワーク「WatchKit」。そのWatch

記事を読む

20141031-150402.jpg

アップルのベータテストサービス「TestFlight」が正式公開

アップルが先週の木曜、ベータテストサービス「TestFlight」を正式に公開しました。 Te

記事を読む

I20151122-213340.jpg

【入門本】詳細! Swift 2 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift 2 + Xcode 7対応

ソーテック社より「詳細! Swift 2 iPhoneアプリ開発 入門ノート Swift

記事を読む

PAGE TOP ↑