【iOS】特定のセルがUITableViewの表示領域内に収まっているかどうかを調べる

公開日: : iPhoneアプリ開発

20160811-173801.jpg

特定のセルがUITableViewの表示領域内に収まっているかどうかを調べる方法を紹介します。

(もしもっと良い方法があればTwitterなどでぜひ教えて下さい! ⇒ @akio0911 | Twitter

    

スポンサード リンク

「収まっている」とは?

まず、どのような状況だと「特定のセルがUITableViewの領域内に収まっている」と言えるのかを考えてみましょう。

20160811-174923.jpg

上の図で白線がUITableView、緑の四角が特定のセルだとします。

ここでは下端の条件だけ示しますが、セルの下端が白線より上にあれば「収まっている」と言えますし、セルの下端が白線より下にあれば「収まっていない」と言えるでしょう。上端の条件についても同様です。

    

特定のセルのframeを調べる

まずは判断材料として必要な「特定のセルのframe」を取得しましょう。UITableViewのメソッドである「rectForRowAtIndexPath(_:)」が使えます。以下、11行目のセルのframeを調べるコード例です。

let indexPath = NSIndexPath(forRow: 10, inSection: 0)
let cellRect = tableView.rectForRowAtIndexPath(indexPath)

    

以下に実行結果を示します。

20160811-181003.jpg

背景色がグレーのセルが、frame取得対象のセルです。

frame取得対象のセルが上の方に表示されているケース(左側)と下の方に表示されているケース(右側)で、取得したframe(cellRect)が同じ値となってしまっていますが、これは取得したframeがUITableView内での座標系だからです。

    

convertRectで別の座標系でのframeに変換する

というわけで、rectForRowAtIndexPath(_:)で取得したframeを、別の座標系でのframeに変換しましょう。

    

20160811-222212.jpg

今回の例ではUINavigationControllerの中にUITableViewControllerを収めているので、navigationController?.viewの座標系に変換してみます。以下、コードです。

let indexPath = NSIndexPath(forRow: 10, inSection: 0)
let cellRect = tableView.rectForRowAtIndexPath(indexPath)
let cellRectInView = tableView.convertRect(cellRect, toView: navigationController?.view)

    

実行結果は以下の通りとなります。

20160811-222902.jpg

先ほどと違って、スクロール位置によってセルのframeの値が異なっています。

    

収まっているかどうかをチェックする

チェックに必要な値は取得できたので、あとは判定を行うだけです。以下、コードです。

let indexPath = NSIndexPath(forRow: 10, inSection: 0)
let cellRect = tableView.rectForRowAtIndexPath(indexPath)
let cellRectInView = tableView.convertRect(cellRect, toView: navigationController?.view)

if tableView.frame.minY + tableView.scrollIndicatorInsets.top <= cellRectInView.minY 
    && cellRectInView.maxY <= tableView.frame.maxY {

    print("収まっている")
} else {
    print("収まっていない")
}

tableView.scrollIndicatorInsets.topを足しているのは、UITableViewがナビゲーションバーの下に潜り込んでいるのでそれを考慮するためです。

    

@akio0911はこう思った。

「特定のセルがはみ出ていたら画面内に収まるようスクロールする」「特定のセルが画面内に収まっていたら何かを行う」などを実現するのに使ってみてください。

    

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

I20150720-150147.jpg

Apple Watchアプリを作りたいならこの書籍!「詳細!Apple Watch アプリ開発 入門ノート」

     Apple Watchアプリの作り方を学ぶのにオススメな書籍、「詳細!Apple W

記事を読む

I20160210-140020.jpg

【Xcode】モーダル表示で遷移先へ値を渡す時のハマりポイント

モーダル表示で遷移先の画面へ値を渡す際、最初はハマりやすいポイントについて解説したいと思いま

記事を読む

I20160525-233821.jpg

SwiftBondを使ってみた。observeやObservableの使い方など

Swiftバインディングフレームワークである「SwiftBond」を使ってみました!

記事を読む

I20150714-010114.jpg

【Swift】Objective-Cで書いたクラスをメソッド単位で少しずつSwiftへ移行する方法

Objective-Cで作った既存のアプリをSwiftで書き直したいと思っているのですが、一

記事を読む

20141027-113224.jpg

【Swift】「詳解 Objective-C 2.0 第3版」の著者による「詳解Swift」が予約受付中!

「詳解 Objective-C 2.0 第3版」の筆者「荻原 剛志」さんによる新しい技術書「詳細

記事を読む

I20160411-122213.jpg

Swift 2.2の変更点をまとめてみた

2016年3月22日、Xcode 7.3と共にSwift 2.2が正式にリリースされました。

記事を読む

I20160102-131507.jpg

Swift 2の文法が分かるオススメ本「詳解 Swift 改訂版」

Swift文法書の定番とも言える、荻原 剛志さんの「詳解 Swift」。 Swiftの文法をキ

記事を読む

I20150722-185359.jpg

【書籍】12のパターンで学ぶ本「iOSアプリ開発 AutoLayout徹底攻略」

     Auto Layoutの使い方について解説されている本「iOSアプリ開発 A

記事を読む

I20151201-120520.jpg

【Swift 2】switch内にてguardでbreakする

Swift 2のguard内ではreturnしないと文法エラーとなりますが、実はswitch

記事を読む

I20150802-085831.jpg

Swift 1.2でtouchesBeganメソッドのNSSetがSetへ変更されました

Swift 1.2で、touchesBegan・touchesMoved・touchesCanc

記事を読む

I20170228-002742.jpg
約3ヶ月で体脂肪率を6.2%も落とせたキッカケについて

(右上の赤枠内がダイエット開始前、左下の赤枠内が3ヶ月後の数値

I20161224-174949.jpg
「季節の野菜を直接配送!季節のスムージー」を買ってみた

「FiNCモール」で、「季節の野菜を直接配送!季節のスムージー」を

I20161002-152537.jpg
【メンズネイル】東京・新宿のネイルサロンでマットネイルしてもらった

2016年7月18日、東京・新宿のメンズOKなネイルサロン「Tot

I20160925-163452.jpg
タブバーアイコン非選択時の色を変更する方法【iOS 10】

UITabBarControllerで、タブバーアイコン非選択時の

I20160924-123726.jpg
iPad Pro 9.7インチ SIMフリーモデルにFREETELのSIMを入れて使ってみた

今までiPad miniで使っていたFREETELのSIM

→もっと見る

PAGE TOP ↑