StoryboardでChild View Controllerにデータを渡す方法(Xcode 8 & Swift 3)

公開日: : iPhoneアプリ開発

20160918-133158.jpg

Storyboardで、Child View Controllerにデータを渡す方法を紹介します!

なお、サンプルアプリはXcode 8とSwift 3を使って作っています。

    

通常のセグエと同じように、prepare(for:sender:)を使えばデータを渡すことができます。

例えば、以下のようなビューコントローラー構成があったとします。

20160918-134117.jpg

  • StoryboardのContainer Viewを使って、ビューコントローラーにビューコントローラーを埋め込む
  • ピンクのビューコントローラー(Parent View Controller)に、ViewController.swiftを割り当てる
  • 緑のビューコントローラー(Child View Controller)に、SecondViewController.swiftを割り当てる

    

まず、Embed Segueのidentifierに”EmbedSegue”と設定しておきます。

20160918-134737.jpg

    

SecondViewController(Child View Controller側)では、外部から受け取ったデータ(textForLabel)をviewDidLoadでラベルに表示するようにしておきます。

class SecondViewController: UIViewController {

    public var textForLabel: String = ""

    @IBOutlet weak var label: UILabel!

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

        label.text = textForLabel
    }
}

    

この時、ViewController(Parent View Controller)側のprepare(for:sender:)に以下のようなコードを書けば、Child View Controller側にデータを渡すことができます。

class ViewController: UIViewController {
    override func prepare(for segue: UIStoryboardSegue, sender: Any?) {
        switch (segue.identifier, segue.destination) {
        case ("EmbedSegue"?, let destination as SecondViewController):
            destination.textForLabel = "Hello world."
        default:
            ()
        }
    }
}

    

@akio0911はこう思った。

通常のセグエと同じやり方でデータを渡せるのは楽でいいですね!

prepareForSegueメソッドの名前がSwift 3だとprepare(for:sender:)に変わっている点は注意が必要ですね!

    

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑