AirDropで共有先にMacが出てこない時の対処方法

公開日: : Mac

こんにちは、@akio0911です。
AirDropでMacへ写真などを送る際、送信先にMacが表示されないことがあります。

その際の対処方法について紹介したいと思います!

「このMacを検出可能な相手」を確認する

FinderでAirDropを開き、「このMacを検出可能な相手」を確認しましょう。「なし」になっていると相手に検出されないので、「連絡先のみ」か「全員」を選択しましょう。

Wi-FiとBluetoothがオンになっているか

メニューバーなどをチェックして、Wi−FiとBluetoothがオンになっているか確認しましょう。

デバイスが範囲内にあるかどうか

AirDropを使用するには、デバイス間の距離が9メートル以内である必要があるらしいので、デバイスが遠い場合は近づけてみましょう。

おやすみモードがオフになっているか

おやすみモードがオフになっていると、FinderでAirDropを開いておかないと受信できなくなってしまいます。わざわざFinderを開きたくない場合は、おやすみモードをオフにしておきましょう。

インターネット共有をオフにする

インターネット共有がオンになっているとAirDropが使えないので、オフにしておきましょう。

@akio0911はこう思った。


おやすみモードのオフはハマりがちなポイントだと思います。

利用を阻害するポイントをしっかりと把握して、AirDropを活用していきましょうっ!

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

init(frame:), init(coder:), awakeFromNib, prepareForInterfaceBuilder が呼ばれる条件をまとめてみた

カスタムViewを作った際に呼ばれる初期化系メソッドの条件や順

【WWDC2018】iOSエンジニア的に気になる新機能・新APIまとめ

こんにちは、@akio0911です。 先日開催されたWW

【Swift】Codableで後からキーを追加した場合の挙動

こんにちは、@akio0911です。 SwiftのCod

→もっと見る

PAGE TOP ↑