【Swift】PlaygroundでUIImageに画像を読み込む方法

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 iPhoneアプリ開発

20141222-120336.jpg

SwiftのPlayground内にて、UIImageに画像ファイルを読み込む方法を紹介します!

    

Playgroundと同じフォルダに画像ファイルを置いても読み込めない

20141222-121313.jpg

例えば、このようにPlaygroundと同じ場所に読み込みたい画像ファイルを置いて、

    

20141222-121359.jpg

Playground内でこのように読み込もうとしても、nilになってしまいます。

    

画像ファイルは、Playground内のリソースフォルダに置く!

20141222-121656.jpg

Xcodeのメニューから、View → Utilities → Show File Inspector を選択して下さい。

    

20141222-121923.jpg

Resource Pathの箇所にある右向きの矢印をクリックします。

    

20141222-122147.jpg

Playgroundのリソースフォルダが表示されるので、ここに読み込みたい画像ファイルを置きましょう。

    

20141222-122316.jpg

これで、Playgroundから画像を読み込めるようになります。

    

20141222-122436.jpg

ちなみにPlaygroundはファイルではなく「パッケージ」というフォルダのようなもので出来ており、先ほど画像ファイルを置いたリソースフォルダは、Playgroundパッケージの中に存在するフォルダです。

    

@akio0911はこう思った。

Playground内で画像ファイルが読み込めるとUIImageViewの実験などもできるので、ぜひぜひ活用してみてください!

    

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑