【Apple Watch】ワークアウトアプリを使ってランニングしてみました!操作方法などを解説します

公開日: : Apple Watch

20150428-142413.jpg

ついに発売されましたね、Apple Watch。早速Apple Watchを腕に付けてランニングしてみました!

    

ランニングを開始するには?

20150428-150256.jpg

デジタルクラウンを押し込んでアプリの一覧を表示し、ワークアウトアプリ(人が走っている緑のアイコン)をタップします。

    

20150428-150959.jpg

まず最初に運動の種別を選ぶことができます。ここでは「ランニング」を選択しました。

    

20150428-151502.jpg

目標を設定します。目標は「消費カロリー」「時間」「距離」「フリー(ゴール設定なし)」の中から選ぶことができます。設定が終わったら「開始」ボタンをタップします。

    

20150428-151927.jpg

ランニング中は「経過時間」「ペース」「距離」「カロリー」「心拍数」などを確認することができます。

中間地点に着いたり、きりの良いタイミング(1kmを突破したタイミングとか)で腕を軽く叩いて教えてくれます。

    

20150428-152657.jpg

ランニングが終わったら、画面を強く押しましょう。メニューが表示されるので「終了」ボタンをタップ。

    

20150428-153023.jpg

結果画面では「合計距離」「合計時間」「消費カロリー」「平均心拍数」などを確認することができます。

    

20150428-153553.jpg

ワークアウトアプリで行ったランニングなどの結果は、アクティビティアプリ(1日の運動量などを記録するアプリ)にも反映されるようです。

    

20150428-154046.jpg

過去のランニングの記録は、iPhone側のアクティビティアプリで確認することができます。

    

@akio0911はこう思った。

2年ほど前はUP by Jawboneという製品を使ってランニングなどの記録を取っていたんですが、画面がないし、ボタンも1つで操作が分かりづらかったんですよね・・・。

順調に痩せ始めた! UPを身につけ始めて2ヶ月。歩くのが楽しくなったぞ – 拡張現実ライフ

それに比べてApple Watchは液晶画面が付いていて、操作もタッチ操作で分かりやすい!液晶画面とタッチ操作の偉大さを改めて思い知りました。

【関連】PictCheckとCellMemoがApple Watchに対応しました!

【関連】アプリ開発講座の卒業生4人がApple Watchアプリを発売日にリリースしました!

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑