【Swift】プロパティのsetとgetには異なるアクセス修飾子を指定できる

公開日: : 最終更新日:2017/03/31 iPhoneアプリ開発

20160209-123839.jpg

Swiftでは、プロパティのセッタ(set節)とゲッタ(get節)に異なるアクセス修飾子を指定することができます。

以下、実例を見ていきましょう。

    

プロパティに対する通常のアクセス指定

まずは、プロパティに対する通常のアクセス指定方法を見ていきましょう。

public struct MyData {
    // get/set共に、同じソースファイルからアクセス可能
    private  var privateData  : String = ""
    
    // get/set共に、同じモジュールからアクセス可能
    internal var internalData : String = ""
    
    // get/set共に、どこからでもアクセス可能
    public   var publicData   : String = ""
    
    public init() {
        
    }
}

    

MyDataを異なるモジュールから使ってみましょう。

var data1 = MyData()

// error: value of type 'MyData' has no member 'privateData'
data1.privateData  = "private"

// error: value of type 'MyData' has no member 'internalData'
data1.internalData = "internal"

data1.publicData   = "public"

異なるモジュールから「private」「internal」に指定したプロパティへアクセスしたので、「value of type ‘型名’ has no member ‘プロパティ名’」というエラーが出ます。

    

取得をpublic、設定をprivateにするには?

さて、取得をpublic、設定をprivateにするにはどうしたらいいでしょう?

最初に考えたのは以下のような方法です。

public struct Person {
    // getもsetもpublic
    public var name : String

    private var age : Int

    // publicなgetterを用意する
    public func getAge() -> Int {
        return age
    }
    
    public init(name:String, age:Int) {
        self.name = name
        self.age  = age
    }
}

プロパティ自体はprivateにしておいて、取得できるメソッドをpublicに指定するわけです。

これで要件は満たせますが、ちょっと面倒くさいですよね・・・。

    

セッタに対し、ゲッタよりも低い可視性を与える

実はSwiftでは、setとgetに異なるアクセス修飾子を指定できます。

セッタに対してだけ設定をするため、public、internal、privateに加えて、public(set)、internal(set)、private(set)という修飾語が用意されています。

引用元 : 詳解 Swift 改訂版

以下がその実例です。

public struct Person {
    // getもsetもpublic
    public var name : String
    
    // getはpublic、setはprivate
    public private(set) var age : Int
    
    public init(name:String, age:Int) {
        self.name = name
        self.age  = age
    }
}

    

先ほどの例に比べて楽でいいですね!では、異なるモジュールでPersonを使ってみましょう。

var p1 = Person(name: "sato", age: 30)

print(p1.name)

p1.name = "suzuki"

print(p1.age)

// error: cannot assign to property: 'age' setter is inaccessible
p1.age  = 20

nameに関してはgetもsetも行えていますね。しかしageに関してはsetのみ「cannot assign to property: ‘age’ setter is inaccessible」というエラーになっています。

    

格納型プロパティだけでなく、計算型プロパティに対しても指定を行えます。

public struct Person {
    public var name : String

    private var _age : Int
    
    public private(set) var age : Int {
        get {
            return self._age
        }
        set {
            self._age = newValue
        }
    }

    public init(name:String, age:Int) {
        self.name = name
        self._age  = age
    }
}

    

注意点として、getに対して、setよりも低い可視性を与えることはできません。

そのような指定を行ってしまうと、以下のように「Private property cannot have a public setter」のようなエラーが出てしまいます。

public struct Person {
    // getもsetもpublic
    public var name : String

    // error: Private property cannot have a public setter
    private public(set) var age : Int
    
    public init(name:String, age:Int) {
        self.name = name
        self.age  = age
    }
}

    

@akio0911はこう思った。

わざわざpublicな取得メソッドを作ったりしなくても良いので、これは嬉しい言語仕様ですね。

今回紹介した言語仕様も含めて、Swiftのアクセスコントロースに関する仕様は以下の本が詳しいです。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

PAGE TOP ↑