アップルのベータテストサービス「TestFlight」が正式公開

公開日: : iOSアプリ開発

20141031-150402.jpg

アップルが先週の木曜、ベータテストサービス「TestFlight」を正式に公開しました。

TestFlight Beta Testing – App Store – Apple Developer

    

デベロッパー登録している開発者は、iTunes Connectを通じてテスターにメールを送ることができ、メールを受け取った人はそのメールに記載されているリンクからアプリをダウンロードすることができます。

アップルは今年の初めにTestFlightを買収し、そのサービスはその後も運用されていましたが、テスターの端末に特別なプロファイルをインストールしたり、テスターのデバイス識別番号を収集したりする必要がありました。

今回のアップル版TestFlightで全てが単純になったわけではなく、テスト用のアプリをBeta App審査に提出しなくてはならなかったりします。

    

@akio0911はこう思った。

開発者からするとBeta App審査に提出しなくてはいけなかったりするのが手間ですが、テスターからすると旧TestFlightのアカウントを作ったりしなくても良いので楽かもしれません。

この記事を書いた人
あきお(@akio0911
iOSエンジニア、ブロガー。「プログラミングで人々を幸せに」をテーマに活動中。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にてアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」を主催。 MAMORIO株式会社 技術顧問(インタビュー記事)、VISITS Technologies株式会社 技術顧問(インタビュー記事)。ブログ「卵は世界である」を運営。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

プログラミング未経験者向けのプログラミング入門連載記事を始めます

こんにちは、@akio0911です。 これからプログラミング未経

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

→もっと見る

PAGE TOP ↑