iPhone 6を持ちやすくしてくれるケース「RADIUS case」

公開日: : iPhone

20141101-192632.jpg

手が小さい方からは「大きくて片手で使いにくい」という不満も聞こえてくるiPhone 6ですが、そんなiPhone 6を持ちやすくしてくれるケース「RADIUS case 6 All Polished for iPhone6」がなかなか良さげです。

通常の、iPhoneを「面」で覆うケースでは、滑りやすい本体の上に更に滑りやすい面を加えるだけ。そこで「Radius」では手のひらや指の中に引っかかりが生まれる箇所をできるだけ増やしてやるという思想で設計されているようです。

以下、商品紹介ページからの引用です。

「Radius」をお使いいただく大きな意味は、iPhoneをしっかり手にフィットさせ、持ちやすく、しっかり握りやすくすること。

結局、「面」でiPhoneを覆うのであれば、滑りやすい本体の上に、またさらに滑りやすい面を加えるだけになってしまい、単にケースぶんだけ重量が増えるだけです。

そこで「Radius」は、できるだけ指や手のひらの中に引っかかりが生まれる箇所を増やしてやることで、しっかりと持てること、滑り落としづらくなるように、4つのカドのパーツとX字の梁がストッパーとしての役割を果たすよう、建築学の視点からその構造を作り出しました。

もちろんすべてのスイッチやコネクタに覆いをかけてしまうこともなく、電波を遮断することもありません。さらに重量はわずか5.7グラムと極めて軽量。デリケートなカメラの周辺を守り、机の上に置いた時に背面パネルや液晶面を擦れから守ることも可能。

引用元 : The Radius | AssistOn

    

色展開はゴールドの他にシルバー・ブラックも用意されています。

iPhone 6の本体の色と合わせると、なかなかかっこいいですねー。

    

@akio0911はこう思った。

これはなかなか面白い発想のケースですね!僕はiPhone 6 Plusを使っているので、iPhone 6 Plus用の製品も出してくれたら試してみたいなあと思っています。

この記事を書いた人
あきお(@akio0911
iOSエンジニア、ブロガー。「プログラミングで人々を幸せに」をテーマに活動中。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にてアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」を主催。 MAMORIO株式会社 技術顧問(インタビュー記事)、VISITS Technologies株式会社 技術顧問(インタビュー記事)。ブログ「卵は世界である」を運営。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

【東京・銀座】粋華男(イケメン)製作所さんでメンズマツエクやメンズメイクなどを体験してきた

代表の手塚拓海さんからお誘いをいただき、粋華男(イケメン)

【入門】プログラム・プログラミング・プログラミング言語とは?

こんにちは、@akio0911です。 今回は「プログラム」「プロ

【入門】プログラミング未経験者向けのプログラミング入門連載記事を始めます

こんにちは、@akio0911です。 これからプログラミング未経

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

→もっと見る

PAGE TOP ↑