【Swift】PlaygroundでUIImageに画像を読み込む方法

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 iOSアプリ開発

20141222-120336.jpg

SwiftのPlayground内にて、UIImageに画像ファイルを読み込む方法を紹介します!

    

Playgroundと同じフォルダに画像ファイルを置いても読み込めない

20141222-121313.jpg

例えば、このようにPlaygroundと同じ場所に読み込みたい画像ファイルを置いて、

    

20141222-121359.jpg

Playground内でこのように読み込もうとしても、nilになってしまいます。

    

画像ファイルは、Playground内のリソースフォルダに置く!

20141222-121656.jpg

Xcodeのメニューから、View → Utilities → Show File Inspector を選択して下さい。

    

20141222-121923.jpg

Resource Pathの箇所にある右向きの矢印をクリックします。

    

20141222-122147.jpg

Playgroundのリソースフォルダが表示されるので、ここに読み込みたい画像ファイルを置きましょう。

    

20141222-122316.jpg

これで、Playgroundから画像を読み込めるようになります。

    

20141222-122436.jpg

ちなみにPlaygroundはファイルではなく「パッケージ」というフォルダのようなもので出来ており、先ほど画像ファイルを置いたリソースフォルダは、Playgroundパッケージの中に存在するフォルダです。

    

@akio0911はこう思った。

Playground内で画像ファイルが読み込めるとUIImageViewの実験などもできるので、ぜひぜひ活用してみてください!

    

この記事を書いた人
あきお(@akio0911
iOSエンジニア、ブロガー。「プログラミングで人々を幸せに」をテーマに活動中。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にてアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」を主催。 MAMORIO株式会社 技術顧問(インタビュー記事)、VISITS Technologies株式会社 技術顧問(インタビュー記事)。ブログ「卵は世界である」を運営。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

プログラミング未経験者向けのプログラミング入門連載記事を始めます

こんにちは、@akio0911です。 これからプログラミング未経

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

→もっと見る

PAGE TOP ↑