Apple Watch単体でウォーキングやランニングをした際に距離やペースの精度を高める方法

公開日: : Apple Watch

20150507-225146.jpg

Apple WatchにはGPSが搭載されていません。なので、Apple Watch単体で携帯してウォーキングやランニングを行った場合、距離やペースなどの精度が低くなるのはしょうがないと思っていたんですが、実はこれらを改善する方法がありました!

    

アクティビティとワークアウトの精度を高めるには?

方法は簡単。iPhoneとApple Watchを携帯して20分間のウォーキングやランニングを行うだけです。これによってユーザーの固有の歩幅が学習され、加速度センサーの調整が行われ、カロリー予測や距離などの精度が高まります。

1回のワークアウトセッションでランニングやウォーキングを続けて20分間行えない場合は、複数回のランニングやウォーキングを積み重ねて20分にすることができます。

アップル公式サイトに掲載されている情報を以下に引用します。

1 iPhone と Apple Watch を使用します。
2 GPS の受信感度のよい晴天の戸外で、平坦なオープンスペースを探します。
3 iPhone を手に持つか、または、アームバンド (推奨) またはウエストバンドに取り付けて体に装着します。
4 Apple Watch のワークアウト App を開き、「ウォーキング」または「ランニング」を選択します。
5 自分のゴールを選択するか、または「開く」を選択して「開始」をタップします。
6 約 20 分間、通常のペースでウォーキングまたはランニングをします。

引用元 : ワークアウトとアクティビティの精度を高めるために Apple Watch を調整する – Apple サポート

    

調整データはApple Watch上にローカルに保存される

上記のプロセスによって作成された調整データは、Apple Watch内にローカル保存され、iPhoneにバックアップはされないようなので、iPhoneからApple Watchのペアリングを解除する場合、調整データは失われるとのことです。これは注意が必要ですね。

    

@akio0911はこう思った。

ランニングする際に大きなiPhone 6 Plusなんかを携帯したくはないですからねえ・・・。

今回紹介した方法で調整を済ませたら、Apple Watch単体で快適にランニングを楽しみましょう!

この記事を書いた人
あきお(@akio0911
iOSエンジニア、ブロガー。「プログラミングで人々を幸せに」をテーマに活動中。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にてアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」を主催。 MAMORIO株式会社 技術顧問(インタビュー記事)、VISITS Technologies株式会社 技術顧問(インタビュー記事)。ブログ「卵は世界である」を運営。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

プログラミング未経験者向けのプログラミング入門連載記事を始めます

こんにちは、@akio0911です。 これからプログラミング未経

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

→もっと見る

PAGE TOP ↑