使いやすくて機能も十分なmacOS向けのJSONエディタ「Power JSON Editor」

公開日: : Mac

@akio0911です。
macOS向けのJSONエディタ「Power JSON Editor」が、機能も十分で使いやすかったので紹介したいと思います!

macOSアプリの標準的なデザインに則っているので使いやすい!

僕がこのエディタを気に入った大きな理由の1つに、「macOSアプリの標準的なデザインに則っている」というのがあります。

macOSを使っているのですから、ここはやはりmacOSのカルチャーに馴染んでいるアプリケーションを使いたいもの。

Power JSON Editor」は、ファイル周りやJSON編集周りなども含めてmacOSの文化にしっかりと沿っているので、マニュアルなどを見なくても画面を見るだけで使いかたがなんとなく分かります。

テキストビューでもノードビューでも編集可能!

左側のテキストビューを使ってテキストエディタのように編集することもできますし、右上のノードビューを使って全体の構造を把握しながら編集することもできます。

もちろん、片方で編集した内容はもう片方へすぐに反映されます。

また、ノードビューでノードを右クリックすることで、ノードのコピー・ペースト・複製などの基本的な操作を行うことができます。

もちろんショートカットが用意されていますし、複数のウィンドウを開いてウィンドウ間でのコピー&ペーストなども可能です。

@akio0911はこう思った。


アプリ開発でサンプルのJSONを作る機会が多いのですが、Power JSON Editorのおかげで効率的に編集できるようになりました!オススメです。

by @akio0911

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

init(frame:), init(coder:), awakeFromNib, prepareForInterfaceBuilder が呼ばれる条件をまとめてみた

カスタムViewを作った際に呼ばれる初期化系メソッドの条件や順

→もっと見る

PAGE TOP ↑