【RxSwift】Hot変換オペレータの1つであるshareReplayを使ってみる

公開日: : iPhoneアプリ開発

20160423-124300.jpg

最近、RxSwiftについて勉強中です。

今回は、Hot変換オペレータの1つであるshareReplayを使ってみたので記事にまとめてみました。

RxSwiftはまだ勉強中なので、どこか間違っている箇所があればご指摘いただけると嬉しいです。 ⇒ https://twitter.com/akio0911

    

スポンサード リンク

UITextFieldの入力をそのまま2つのUILabelに表示する

例として、1つのUITextFieldに入力された文字列を、2つのラベルにそのまま表示するアプリを考えてみましょう。

RxSwiftを使ったコードとしては、以下のようになります。

@IBOutlet weak var textField: UITextField!

@IBOutlet weak var label1: UILabel!
@IBOutlet weak var label2: UILabel!

let disposeBag = DisposeBag()

override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()

    textField.rx_text.bindTo(label1.rx_text).addDisposableTo(disposeBag)
    textField.rx_text.bindTo(label2.rx_text).addDisposableTo(disposeBag)
}

これでユーザーがテキストフィールドに文字列を入力すると、ラベルへリアルタイムに反映されるようになります。

ここまでは特に問題ないかなと思います。

    

UITextFieldの入力を加工して、2つのUILabelに表示する

次はそのまま表示せずに簡単な加工を行ってみましょう。

テキストフィールドに入力された文字列の先頭と末尾に*を付加し、それを2つのラベルへリアルタイムに反映させます。

コードは以下のようになります。

let num = textField.rx_text.map{ text -> String in
    print("map \(text)")
    return "*\(text)*"
}

num.bindTo(label1.rx_text).addDisposableTo(disposeBag)
num.bindTo(label2.rx_text).addDisposableTo(disposeBag)

    

さて、このコードを早速実行してみましょう。

map 
map 
map 1
map 1
map 12
map 12

なんと、文字に変更を加えるたび、mapのクロージャー内の処理が2回ずつ実行されてしまっています。

今回の場合だと同じ加工を施した同じ内容を2つのラベルに表示させたいので、mapのクロージャー内の処理は1変更に対して1回だけ実行されればいいのですが・・・。

    

20160423-123905.jpg

なぜこのようなことが起こってしまったのかというと、2つのオブジェクトにbindしsubscribeすると、別々の2本のストリームが生成されてしまうんだそうです。

このような性質を持つものを、Cold Observableと呼ぶようです。

参考 : RxのHotとColdについて – Qiita

今回のような軽い処理であれば大きな問題にはなりませんけど、重い処理だったり、ファイルIOや通信処理などが含まれていたりすると、それらが2回ずつ実行されると困りますよね。

    

shareReplayを使ってみる

ではどうすれば良いのかというと、Coldと呼ぶくらいですから、Hot Observableを使います。

Cold ObservableをHot Observableに変換してくれる「Hot変換オペレータ」というものがあるので、その中の1つである「shareReplay」を使います。

let num = textField.rx_text
    .map{ text -> String in
        print("map \(text)")
        return "*\(text)*"
    }
    .shareReplay(1)

num.bindTo(label1.rx_text).addDisposableTo(disposeBag)
num.bindTo(label2.rx_text).addDisposableTo(disposeBag)

shareReplay(1)は、内部的にはreplay(1).refCountを呼び出してるだけのショートカットなんだそうですが、詳細についてはまた別記事を書こうと思います。

参考 : [RxSwift] shareReplayをちゃんと書いてお行儀良くストリームを購読しよう – Qiita

    

実行結果は以下のようになります。

map 
map 1
map 12
map 123

テキストフィールドへの1変更に対して、mapのクロージャー内の処理が1回ずつ呼ばれています。

    

20160423-123910.jpg

これは、Hot Observerの「ストリームを分岐する性質」によるものだそうです。

    

@akio0911はこう思った。

Cold ObservableとHot Observableの違いが分かっていないと、意図せず無駄な処理が発生してしまいそうなので、ここは注意が必要ですね。

    

    

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

関連記事

20150409-103620.jpg

描いたベクターグラフィックをSwift/Objective-Cコードに変換できる「Paint Code 2」

引用元 : PaintCode ベクターグラフィックを描き、それを描画するためのSwift

記事を読む

I20151202-232710.jpg

【Swift 2】配列(Array)を初期化する方法

Swiftで配列(Array)を初期化する方法についてまとめてみたいと思います!   

記事を読む

I20150709-234536.jpg

Swiftの文法をキッチリ学ぶのにオススメな本「詳解Swift」

解説が細かすぎるのでプログラミング未経験者や初心者にはオススメできませんが、Objective

記事を読む

I20160204-120840.jpg

Swiftでプロトコル型に対して===演算子を使いたい時の対処法

プロトコル型の変数や定数に対して===演算子を使うと「error: binary opera

記事を読む

20141224-231137.jpg

【Swift】Auto Layoutで特定のデバイス・画面サイズの時だけ制約を変更する方法

Auto Layoutで、特定のデバイスや画面サイズの時だけ制約を変更する方法について紹介したい

記事を読む

20150106-142403.jpg

Auto Layoutをコードで記述してビューを等間隔に並べる【Swift】

Auto Layoutをコードで記述して、ビューを等間隔に並べる方法について紹介します。ちなみに

記事を読む

20150327-131839.jpg

【Apple Watchアプリ】ボタン内の文字の先頭に画像を入れる方法【WatchKit】

Apple Watch向けのアプリを作るためのフレームワーク「WatchKit」。そのWatch

記事を読む

I20150802-085831.jpg

Swift 1.2でtouchesBeganメソッドのNSSetがSetへ変更されました

Swift 1.2で、touchesBegan・touchesMoved・touchesCanc

記事を読む

20141228-232009.jpg

【Swift】as?演算子を使ったキャストでは結果がoptionalとなる

今日はSwiftのas演算子とas?演算子について解説したいと思います。as演算子について

記事を読む

I20160217-170931.jpg

2016年2月15日以降、Missing iOS Distribution Signing identity for XXX というエラーが出た場合の解決方法

2016年2月15日以降、AppStoreへの申請やipaファイルのエクスポートで「Missin

記事を読む

PAGE TOP ↑