描いたベクターグラフィックをSwift/Objective-Cコードに変換できる「Paint Code 2」

公開日: : iOSアプリ開発

20150409-103620.jpg

引用元 : PaintCode

ベクターグラフィックを描き、それを描画するためのSwift/Objective-Cコードを生成できる「Paint Code 2」を紹介したいと思います。

高価な部類のアプリだと思いますが、こちらのページから体験版をダウンロードすることもできます。

ちなみに公式Webサイトでは99.99ドル(2015/04/09現在)となっています。

PaintCode 2 App
カテゴリ: 開発ツール
価格: ¥11,800

    

絵を描いて自動的に描画コード生成!

20150409-105507.jpg

普通のベクターグラフィックツールのように絵を描いていくだけで、それを描画するためのSwift/Objective-Cコードが自動で生成できます。

普通に手で描画コードを作るのに比べると圧倒的に楽です!

    

20150409-110245.jpg

2つの図形をUnionで結合させてみたら、きちんと1つのベジェパスで描画するコードが生成されました。

    

20150409-111530.jpg

PaintCode 2で生成したコードを、カスタムビューのdrawRectメソッドに貼り付けることで、同じ見た目の描画を行うことができました。

    

描画コードを構造的にまとめるための機能も充実

20150409-110521.jpg

後は、デザインをパラメーターで変更できる「Variables & Expressions」という機能があったり、

    

20150409-110726.jpg

色をバラバラに作るのではなく、「色Aは色Bを暗くしたバージョン」といったルールを使って複数の色を構成できる「Dynamic colors」という機能が搭載されています。

    

@akio0911はこう思った。

Xcodeで描画コードを書いて、シミュレーターで実行して見た目を確認して・・・という作業を繰り返すのに比べて圧倒的に楽ですね!

「Variables & Expressions」や「Dynamic colors」などの機能も、うまく活用すれば描画コードの作成時間を大幅に短縮することができそうです。

PaintCode 2 App
カテゴリ: 開発ツール
価格: ¥11,800

この記事を書いた人
あきお(@akio0911
iOSエンジニア、ブロガー。「プログラミングで人々を幸せに」をテーマに活動中。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にてアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」を主催。 MAMORIO株式会社 技術顧問(インタビュー記事)、VISITS Technologies株式会社 技術顧問(インタビュー記事)。ブログ「卵は世界である」を運営。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

【東京・銀座】粋華男(イケメン)製作所さんでメンズマツエクやメンズメイクなどを体験してきた

代表の手塚拓海さんからお誘いをいただき、粋華男(イケメン)

【入門】プログラム・プログラミング・プログラミング言語とは?

こんにちは、@akio0911です。 今回は「プログラム」「プロ

【入門】プログラミング未経験者向けのプログラミング入門連載記事を始めます

こんにちは、@akio0911です。 これからプログラミング未経

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

→もっと見る

PAGE TOP ↑