スタンド機能付きの4ポートUSB充電ハブ「inateck UC4003」を使ってみた

公開日: : iPhone

20150726-135846.jpg

iPhoneやiPadなどを立てられるスタンド機能が付いている、4ポートUSB充電ハブ「inateck UC4003」を紹介したいと思います!

    

外観などはこんな感じ

20150726-140243.jpg

こちらがパッケージ。結構コンパクトで、シンプルな箱です。

    

20150726-140428.jpg

中身はこんな感じ。光沢のある外観となっています。上部にはスタンド、

    

20150726-140622.jpg

前面にはUSBポートが3つ、

    

20150726-141146.jpg

背面には電源ケーブルの差込口、USBポートが1つ、LEDなどがあります。

    

20150726-141343.jpg

電源ケーブルはこのように背面に接続して使います。

    

iPad miniを置いてみた

20150726-141924.jpg

iPad miniを横置きしてみたところ。

    

20150726-142122.jpg

縦置きしたところを横から見るとこんな感じ。

    

20150726-142308.jpg

スタンドに立てながら充電したい時は、こんな感じでUSBケーブルで接続すればOK。背面のUSBポートを使うとケーブルが目立たなくて良いかもしれないですね。

    

iPhone 6 plusを置いてみた

20150726-142554.jpg

iPhone 6 plusを縦においてみたところ。

    

20150726-143058.jpg

横置きもいけます。動画を見たりしたい時に良さそうですね。

    

@akio0911はこう思った。

充電しながら動画を見たりするのに便利そうですね。日常的にUSBで充電したいデバイスが複数ある方にオススメですっ!

    

この記事を書いた人
あきお(@akio0911
iOSエンジニア、ブロガー。「プログラミングで人々を幸せに」をテーマに活動中。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にてアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」を主催。 MAMORIO株式会社 技術顧問(インタビュー記事)、VISITS Technologies株式会社 技術顧問(インタビュー記事)。ブログ「卵は世界である」を運営。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

プログラミング未経験者向けのプログラミング入門連載記事を始めます

こんにちは、@akio0911です。 これからプログラミング未経

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

→もっと見る

PAGE TOP ↑