MacBook12インチ用にUSB-C – USBアダプタを買ってみた

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 Mac

20160329-161225.jpg

先日購入したMacBook 12インチ用に、アップルのUSB-C – USBアダプタを買ってみました。 ⇒

    

20160329-161624.jpg

12インチは普通のUSBポートが搭載されていないので、iPhoneやポータブルHDDなどのUSBポートが必要となる周辺機器を接続するには、「USB-C – USBアダプタ」を使って変換してあげる必要があります。

とはいえ、MacBook 12インチを使い始めてみて分かったのですが、最近はUSBポートが必要になる機会が驚くほど少ないですね(もちろん、どのような職業なのか?普段どういった作業をMacBookで行うのか?などにもよってはきますが)。

以前はiPhoneのデータ同期やバックアップなどにもUSB接続が必要でしたが、最近はiCloudバックアップなどの仕組みで済んでしまいますし。

僕はアプリ開発者なので、作ったアプリをiPhoneに転送する際に「USB-C – USBアダプタ」を使っていますが、もしアプリ開発を行わなかったら、このアダプタの出番はほとんど無かったのではないかと思います。

という状況はあるにせよ、USB接続が必要になる状況が皆無なわけではないので、1つ持っておくと安心ですね。

    

20160329-162316.jpg

アダプタはかなりコンパクトで軽いので、 12インチ用のケースのポケットに忍ばせています。

    

@akio0911はこう思った。

12インチを購入して使われるのであれば、1つ持っておくと安心だと思います。

この記事を書いた人
あきお(@akio0911
iOSエンジニア、ブロガー。「プログラミングで人々を幸せに」をテーマに活動中。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にてアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」を主催。 MAMORIO株式会社 技術顧問(インタビュー記事)、VISITS Technologies株式会社 技術顧問(インタビュー記事)。ブログ「卵は世界である」を運営。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

プログラミング未経験者向けのプログラミング入門連載記事を始めます

こんにちは、@akio0911です。 これからプログラミング未経

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

→もっと見る

PAGE TOP ↑