Playground搭載のHaskell for Macをインストールして使ってみた

公開日: : Mac

20160412-192305.jpg

関数型プログラミング言語HaskellのMac用IDEである「Haskell for Mac」を使ってみました。

    

Haskell — Functional Programming Lab App
カテゴリ: 開発ツール
価格: ¥2,400

    

20160412-192638.jpg

Haskell for Macを起動するとウェルカム画面が表示され、「Create a New Haskell Project」からプロジェクトを作成することができます。

    

20160412-192841.jpg

画面は左から順に「Project Navigator」「Editor」「Playground」の3つに分かれています。

右上の「Show or Hide Area」ボタンで、それぞれの領域の表示・非表示を切り替えることができます。

    

20160412-214926.jpg

右側のPlayground領域にHaskellのコードを書くと、XcodeのPlaygroundのように右側へ実行結果が表示されます。

ちなみに上記コードはSwiftでいうところの

(1...10).map{ $0 + 1 }

(1...10).map{ n in n + 1 }

のような動作をします。

    

20160412-221645.jpg

左側のEditor領域で関数を定義すると、それを右側のPlayground領域で使用することができます。

    

20160412-222653.jpg

グラフを描画するサンプルなども同梱されていて楽しげです。

    

@akio0911はこう思った。

以前に「すごいH本」を読んでHaskellについて勉強しましたが、 ⇒ Functional Programming in Swiftを読むために、すごいH本を読み終えた感想

Functional Programming in Swiftを読むために、すごいH本を読み終えた感想

    

今回紹介したHaskell for MacのPlaygroundを使って2週目を読んでみるのもありかなーなどと思っていたりします。

    

この記事を書いた人
あきお(@akio0911
iOSエンジニア、ブロガー。「プログラミングで人々を幸せに」をテーマに活動中。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にてアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」を主催。 MAMORIO株式会社 技術顧問(インタビュー記事)、VISITS Technologies株式会社 技術顧問(インタビュー記事)。ブログ「卵は世界である」を運営。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

プログラミング未経験者向けのプログラミング入門連載記事を始めます

こんにちは、@akio0911です。 これからプログラミング未経

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

→もっと見る

PAGE TOP ↑