【Xcode6】Auto Layoutで制約のFirst ItemとSecond Itemを逆にする方法

公開日: : iOSアプリ開発

20141225-223049.jpg

一度追加した制約のFirst ItemとSecond Itemを入れ替える方法について紹介します。

    

20141225-215615.jpg

上のように、ピンクのビューとブルーのビューが配置されていたとします。ここで、ピンクのビューの幅がブルーのビューの幅の半分となるように制約を設定していきましょう。

    

20141225-215909.jpg

ピンクのビューからブルーのビューへ Ctrl + ドラッグして、

    

20141225-220138.jpg

「Equal Widths」を選択します。

    

20141225-220340.jpg

制約が追加されたので、クリックして選択し、詳細を確認してみましょう。

    

20141225-220525.jpg

ピンクのビューの幅がブルーのビューの幅の半分となるように、Multiplierを0.5に設定します。

    

20141225-220902.jpg

ピンクのビューとブルーのビューの横位置・縦位置・高さが定まるように他の制約を追加してプレビューを確認すると、ピンクのビューの幅がブルーのビューの幅の2倍になってしまっています。

    

20141225-221100.jpg

先ほどの幅に関する制約を確認すると、First Itemが青いビューの幅、Second Itemがピンクのビューの幅となってしまっています。これだと意図しているのと逆になってしまっていますね。

    

20141225-221327.jpg

こんな時は、First Itemのところにある下向きの青い矢印をクリックして、「Reverse First And Second Item」をクリックして下さい。

    

20141225-221533.jpg

するとMultiplierが0.5の逆数の2に変更されるので、0.5に直しましょう。

    

20141225-222428.jpg

もう一度プレビューで確認すると、今度は意図通り、ピンクのビューの幅がブルーのビューの幅の半分となっています。

    

@akio0911はこう思った。

Ctrl + ドラッグする時のドラッグ元がFirst Item、ドラッグ先がSecond Itemになると思っていたんですが、そうとも限らないみたいです。

ちなみにAuto Layoutについては以下の書籍が詳しく載っています。

この記事を書いた人
あきお(@akio0911
iOSエンジニア、ブロガー。「プログラミングで人々を幸せに」をテーマに活動中。著書に「iPhoneアプリ開発レシピ」「cocos2d for iPhoneレッスンノート」など。東京・大阪にてアプリ開発講座「アプリクリエイター道場」を主催。 MAMORIO株式会社 技術顧問(インタビュー記事)、VISITS Technologies株式会社 技術顧問(インタビュー記事)。ブログ「卵は世界である」を運営。

関連記事

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

follow us in feedly

Feedlyで最新記事を購読

Twitterで更新情報をゲット!

LINEでご感想・ご要望お送りください!
(スマホでLINEを起動 > 友だち追加 > QRコード)

プログラミング未経験者向けのプログラミング入門連載記事を始めます

こんにちは、@akio0911です。 これからプログラミング未経

【RxSwift】BehaviorRelayとPublishRelayについてまとめてみた

こんにちは、@akio0911です。今回はRxSwiftのBe

【RxSwift】materialize, dematealizeを使ってみた

@toshi0383さんに教えていただいた、RxSwiftのm

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

→もっと見る

PAGE TOP ↑