「 iOSアプリ開発 」 一覧

Swift 2.2で可能になったタプルの比較を試してみる

2016/04/16 | iOSアプリ開発

Swift 2.2でタプルの比較が行えるようになったので、色々と試してみました。     要素数2個から6個までのタプルの比較 まずは要素数2個から6個までのタプルの比較を試してみ

続きを見る

Swift 2.2の変更点をまとめてみた

2016/04/11 | iOSアプリ開発

2016年3月22日、Xcode 7.3と共にSwift 2.2が正式にリリースされました。 Swift 2.2における変更点についてまとめておきたいと思います。     タプルを比較できるよ

続きを見る

Xcode 7.3の新機能についてまとめてみた

2016/04/09 | iOSアプリ開発

2016年3月22日にXcode 7.3がリリースされましたが、自分が知らない機能があるかもしれないので、追加された新機能について調べてまとめてみました。      Xcode カテゴリ:

続きを見る

ゆるい入門書では物足りない人向けの濃い内容!「本気ではじめるiPhoneアプリ作り」

2016/03/09 | iOSアプリ開発

ヤフー株式会社のiOSエンジニアである西 磨翁(にし まお)さんより、「本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode 7.x+Swift 2.x対応 黒帯エンジニアがしっかり教える基本テクニッ

続きを見る

詳解 Swift 改訂版のKindle版が発売。リフローに対応!

2016/02/28 | iOSアプリ開発

今日気付いたんですが、「詳解 Swift 改訂版」のKindle版がいつの間にか発売されていました! 詳解 Swift 改訂版posted with ヨメレバ荻原 剛志 SBクリエイティブ 20

続きを見る

2016年2月15日以降、Missing iOS Distribution Signing identity for XXX というエラーが出た場合の解決方法

2016/02/17 | iOSアプリ開発

2016年2月15日以降、AppStoreへの申請やipaファイルのエクスポートで「Missing iOS Distribution signing identity for XXX」というエラー

続きを見る

Swiftにおけるセレクタ(Selector)について調べてみた

2016/02/12 | iOSアプリ開発

NSTimerなどを使う際、引数に「Selector」という型があるのですが、これがSwiftではどのような扱いになっているのかを少し調べてみました。     Selectorの使用例 : タイ

続きを見る

【Xcode】モーダル表示で遷移先へ値を渡す時のハマりポイント

2016/02/10 | iOSアプリ開発

モーダル表示で遷移先の画面へ値を渡す際、最初はハマりやすいポイントについて解説したいと思います。      例えば、以下のような画面遷移を考えたとします。

続きを見る

【Swift】プロパティのsetとgetには異なるアクセス修飾子を指定できる

2016/02/09 | iOSアプリ開発

Swiftでは、プロパティのセッタ(set節)とゲッタ(get節)に異なるアクセス修飾子を指定することができます。 以下、実例を見ていきましょう。     プロパティに対する通

続きを見る

【Swift】privateなタイプメソッド作るなら、privateな関数でも良いかもと思った

2016/02/08 | iOSアプリ開発

structとかclassの中で、ちょっとした処理を担当させるprivateなタイプメソッドを作ることがよくあるんですけど、これはSwiftならprivateな関数でもいいんじゃないか

続きを見る

【RxSwift】ストリームのcompletedをつぶす(消し去る)方法

RxSwiftで元々のストリームからcompletedをつぶす

【RxSwift】completedかerrorが流れてきたらsubscribeはdisposeされる

RxSwiftにおいて、completedかerrorが流れて

init(frame:), init(coder:), awakeFromNib, prepareForInterfaceBuilder が呼ばれる条件をまとめてみた

カスタムViewを作った際に呼ばれる初期化系メソッドの条件や順

【WWDC2018】iOSエンジニア的に気になる新機能・新APIまとめ

こんにちは、@akio0911です。 先日開催されたWW

【Swift】Codableで後からキーを追加した場合の挙動

こんにちは、@akio0911です。 SwiftのCod

→もっと見る

PAGE TOP ↑